金環日食直前♪

TVやネットなど各所で話題にのぼっております、金環日食!
いよいよ来週月曜日ですね。


当ブログで8か月ほど前に金環日食について触れ、その際に「直前になったらまた語ります」と予告しておりました。
実はその時には『金環日食とは何ぞや』などと、したり顔して語るつもりでいたのですが、今更ワタクシが素人ウンチクを垂れる必要もない位、あちこちで解説されていますね。盛り上がってきて楽しい・嬉しい♪

まぁ、報道の中心地である東京で観測出来るというのが、盛り上がる大きな理由になっているでしょうけれどww (東京近辺以外には興味が薄いマスコミ・・・)

ともかく、ワタクシも運良く拝めるエリアに居住しておりますので、心待ちにしているところです。

お天気が少々覚束ないようですが、雲間からでも見える事を祈りましょう。


さて、ここひと月程前からは、近所のショッピングモールなどでも販売されている日食グラス。
私は、何ヶ月も前に先走って買ってしまったのですが、結構なお値段でした。ちなみにVixen(ビクセン)製・天野喜孝モデル。
日食グラス
↑グラス部分にカメラのレンズが映りこんだ・・・何かこわいw
や〜日食グラスの相場とか分からなかったし、「こんなモンか」という感覚だったのです。
それが近日はスーパーで(品質はともかく)300円くらいで売ってるしw
出勤途中で観るというダンナも、自分用に買ってました。398円で。
しかし、品質的に欠陥がある製品も出回っているそうですね。安いからってイコール欠陥品だとは思いませんが、チェックは必要ですね。
あ、ダンナが買ったのは、JAXAの売店で買ったヤツなので、流石に大丈夫だろうと思いマス。
JAXAで欠陥品売らんだろ。

そう、実はJAXA某キャンパスが近所なのです。ちょくちょく見学へ出向きます。
娘の「今日ロケットを見に行こうよ〜」との声を受けて行く事が多いです。
4歳の彼女が“宇宙”というものをどの程度理解しているかは不明ですがwともかくロケットや衛星の模型を見て、それなりに楽しんでいる様子。

このキャンパス、近年話題になった小惑星探索機「はやぶさ」の故郷でもある為、はやぶさの同サイズ模型が展示されています。はやぶさ2の計画についても掲示されていて、色々と興味深いです。

平日は警備員さんが居るだけですが、土日はスタッフさん(JAXA研究員さん?)が居て説明も親切にしてくれます。
ある時マンツーマンですんごく熱心に説明してくれた事があるのですが、半分も理解出来ずに申し訳なかったw 彼としては幼児に語るように噛み砕いて説明してくれているのだと察しましたが、こちらの脳が足りなさすぎて残念な事にw
見学ブース内に掲げてあるポスターに、「JAXAで研究したい君!どうしたらJAXAに入れるか教えてあげるね!まずは東京大学の大学院へ行くといいよ!」的な事が書いてあることから鑑みても、ここで研究開発やっている人の頭脳の優秀さはケタ外れなんだろうな。

と、金環日食の話からJAXA話にすり替わった・・・w


日食観測の予行演習をして備えている娘と共に、きれいなリングが観測出来る事を期待しております♪

JUGEMテーマ:趣味
| I Love ♪ | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

GWヨコハマ一人散歩

ヨコハマを一人歩きしてきました。

ダンナが「一泊くらいなら子供置いて出掛けてきてもいいよ」と言い出したのがGW直前。
先日、京都一人旅行してきたのの埋め合わせのつもりらしいw

うわーい♪どこに行こうかなぁと僥倖に浮かれるも、“ここに行きたい!”という具体的な案が浮かばない・・・。
子供第一の生活に浸りきっている為か、自分自身への欲求って極端に弱いんだ、最近w
とりあえず都内のシティホテルにでも泊まってエステやら食事やらを楽しもうかと、何点か空室を当たってみるも、この時期に女一人客の予約がそれなりのお手頃価格でとれる訳はなく・・・。
11か月乳児の息子の夜泣きも気になるし、「別に泊まりまでしなくていいや」と早々に諦めてw丸々一日横浜を散歩するというプランに切り替えた。母だなぁ我ながらw


独身時代から好きだった街、横浜。いやここはあえて「ヨコハマ」とカタカナ表記でいきましょうw
かつては片道2時間半ほど掛かるその距離も苦にならず、ちょくちょく遊びに訪れておりました。
今の住居からは玄関先から勘定しても一時間ほどで着く街ですが、なんと遠く感じる事かw

早朝から身支度を整え気合十分。久しぶりに取り出してきたアクセサリーを身につけ、意気揚々とまずは「みなとみらい」へ向かう。

クイーンズスクエア等の各店舗が開く前の時間帯、カフェでゆっくり朝食を摂っていると、ただそれだけで日常を抜け出して別世界へ来たような気分。何という解放感!!
それでも、娘や息子と同じ位の背格好の子供を見かけると、つい目で追ってしまうのは、母親の性かw

その後、横浜美術館へ。
美術館!!このような場所へ再び来られるとは!!
かつて“お絵描き”をしきりにしていた時代に、積極的に足を運んでいた美術館。だが、その頃は作品を鑑賞する際に、どうしても「自身の創作意欲をかきたてる為の火種にしたい」とか「アイディアを参考にしたい」という下心(?)を伴っていた。
そういうある種のイヤラシサが無くなった今、なんというか・・・すごく純粋に“鑑賞すること”を楽しめるようになっていて、予想以上にエキサイトした。
GWにもかかわらず、入場客が少なく(恐らく企画展の方へ人が集中したのだと思われ)マイペースで廻れた事も幸いだった。ニンマリしたり、思わず「うおぁ」と呟いたり、ため息をついたりしながら、たっぷり2時間楽しんだ♪

美術館を出た後に眺める景色は、ビルも橋も人混みも工事現場さえも、全てがアートに見える不思議w
日常とのあまりに大きなギャップのせいか、何だか足元がフワフワとする心地。
そのフワフワウキウキする心地のまま、クイーンズスクエア→赤レンガ倉庫→港の見える丘公園→外国人墓地→元町と、各所を周遊する。
そして締めは中華街で夕食。
ヨコハマの様々な角度の顔を堪能しました。ぷはぁお腹いっぱい♪

各場所とも別に初めて訪れた場所ではないのに(ってか独身時代に散々遊びまわった地です)、全てが新鮮に映って、足がどんどん前に進んでいったのでした。

ちょっと切なかったのは、元町。 寂れてしまった感がたまらない・・。
やたらブームだった時代とは比べようもなくとも、もう少し活気がある通りかと期待していたのだが、『オワコン感』が満ちていて居たたまれなかった。GWでこれか?!
(あれもこれもやたらと“オワコン”という言葉で決めつけるのは、自分はあまり好きではないのだが、ここではあえて)
そう言えば中華街も、GWにしては人出が少なかったような・・・。
都内の方に新スポットが続出しているので(渋谷ヒカリエとか)、こちらは人の流れが少なくなっているのかなぁー。
まぁ、おかげでこの時期としてはありえない位、ゆったりとした一人散歩を楽しめた♪


帰宅した際に、玄関まで駆け出てきた娘の顔が何と可愛く見えたことか!!(w)
その夜は、息子の夜泣きさえも、「今だけの大切な時間だなぁ」と思えた。 心の余裕って大切だよなぁ。

こういうリフレッシュの機会を与えてもらえる自分は、恵まれているのかな? ダンナ、一応一通りの家事は出来るひとだしな。
でも、子育て中で切羽詰まっている人こそ、ぜひとも自分の自由時間を得てリフレッシュする必要があると思います(まる) 
GW後半戦、多少強引にでも自分時間を獲得なされますよう、全国の母サマ達にエールを込めて。
JUGEMテーマ:日記・一般
| 日々の出来事 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

はじまりの春

娘が幼稚園へ通い始めました!!


って、コレ今年最初のブログ記事じゃんww
長らく放置で申し訳ありません。


娘が幼稚園に行きはじめる前に、一緒の時間を思いっきり楽しんでおこうと、娘三昧の生活を送っておりましたw(娘三昧って何や)
春めいてきてからは、天気の良い日はお弁当とレジャーシートを持ち、今日はあちらの公園へ明日はあちらの公園へと遊び歩いておりました。
そして夜更けては、幼稚園グッズを作るのに夜なべする日々。

以前にも記しましたが、ワタクシは裁縫という厄介な作業が恐ろしく苦手で、その程度と言えば「私には裁縫出来ない呪いが掛けられているんだわ」と半ば本気で思うくらいなのです。
そのワタクシが、娘の為にと、通園バッグをはじめ様々な小物作りに、七転八倒しながら取り組みましたよw

図書館で裁縫本を何冊も借りてきて、どれを作ろうかと思案する所から、その山あり谷あり暗闇ありの日々が始まりました。
下手っくそな自覚があるくせに、妙な所で凝り性な気質が発動。
「ただ真直ぐ縫うだけの品なんて作りたくない!ぜひともひと手間加えた味のある品を!!」と欲張るモンだから、始末が悪い。
昨年度NHKの朝ドラで放送された『カーネーション』の影響を受け、裁縫にやや興味を持っていたというのも手伝って、「よっしゃ一つ裁縫修行を兼ねて頑張っちゃろう!!」と大ハリキリしはじめたワタクシです。

身の程知らずにも、わざわざユザワヤまで足を運んで材料を購入。広大な売り場に展示されている見慣れぬ品々にキョドキョドしました。もうね、初心者はフツーに近所の手芸屋に行っとけっつー話w
そうして購入してきたやや高価な布地に、イキナリ鋏を入れる勇気などなく、100均で買ってきた安布でまずは試作品を制作するという、「どんだけ回り道やねん!!」的な展開になったりとかw

本に記してある図面が理解出来ず、失敗作を作ること幾度か。
ミシンで布地を真直ぐ縫っているだけなのに何故か突然ミシン針が爆発し(!)、夜中に床に這いつくばって破片拾いをするという事件が計2回。(なんで爆発するんだ?!中国か?!)

しかし、そんな苦労を乗り越えるうちに、何だか楽しくなってきましたよ、お裁縫。
入園前ギリギリまで、あぁだこうだと試行錯誤し、その甲斐あって「ちょっと裁縫好きなママさんが作ったみたいなカンジ」の小物たちが出来上がりました。名前入れなんてね、刺繍しちゃったよw(←オマエ本当に凝り性や・・・)


で、娘がいない午前中を過ごしている今、ちょっと放心状態ですw 燃え尽き症候群。
幼稚園の門の前でバイバイをした後、振り向きもせず、期待と楽しさ一杯という様で駆け去っていった娘の後ろ姿を思い返して、しみじみしております。
あいつめ・・・泣きもせずに行きやがってw


家の中を整頓したり、図書館からどっさり借りてきた本を読んだりと、色々計画していたハズなのに、とりあえず今はボーっと過ごしております。

生後10カ月の息子君が「公園へ連れて行けー」だの何だのと自我を主張する事はない今のうちに、一人時間を楽しむ事にします。まぁ、あっと言う間に息子に振り回される生活が始まるかとは思いますがw


娘の入園式の日は、桜満開でした。なんて素敵なタイミングだろう。 今は桜吹雪が美しい。今週末までギリギリお花見できるかな?

来週頭から京都に出張のダンナは、土日を使って京都見物に繰り出す計画中。「花見の時期と出張が重なるなんて・・・ワシって“持ってる”のぉ」とご満悦。
いいなぁ、京都の桜。時期を捉えての観光ってナカナカ出来ないよね。
お土産を期待しつつ、週末は子供と共にのんびりと、近隣でお花見をしようかな。
JUGEMテーマ:育児
| 育児生活 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

2011年記事納め

放置甚だしいこのブログ、年末の挨拶だけそそくさとしにやって来るというのもアレですが、一応ケジメとしてw

明日からダンナ実家に行きそのまま年を越すことになります。なので今夜が自宅で過ごす今年最後の夜。
夜食の習慣はないのですが、今夜はトクベツ。子供等を寝かし付けた後のスイーツタイムを楽しんでおります。
夜更けに甘い物とコーヒーってどうなの?と思わなくもないですが、普段お酒も我慢していることだし(授乳期の為)たまにこんなのもアリって事で。

お酒と言えば、一人目母乳育児の時は「卒乳したら真っ先に黒龍大吟醸飲むんだ!それからワインを浴びるほど!!」などと思い巡らせてばかりおりましたが、二人目母乳育児中の今は「卒乳したら真っ先に養命酒を飲み始めよう・・・(ヨボヨボ)」となっております。このテイタラク!!いや、経る年月には勝てませぬ。
と、これは余談。


で、今夜のお楽しみはコレ↓

yonaka-cafe

友人からクリスマスプレゼントとして贈られたスコーンとガレット♪
スコーンは、カフェ好きの人ならその名を聞いた事があるであろう『NASU SHOZO CAFE』のものv 食感はしっとり系だけど甘さはスッキリ、それでいて余韻の残る、クセになる一品ですv
そしてガレットは、私が昔から大好きな那須トラピストガレットv も〜〜本当大好きv 丁度無性に食べたくて堪らなくなっていたトコロに、まさかのジャストタイミングでのプレゼントv
MYドーターも大好きなこのガレットは、キープしておかないと私が食べる分がなくなるのだw

とある方から入手した絶品ハチミツが手元にあるので(ふふっ)、それを添えていただきま〜すv
琥珀色にキラキラ光るそれは、華やかな花の香りを放つ宝石のようv
色とトロ味から想像出来る通りにとても濃厚でありながら、それを口中で堪能させた後には潔くスッと消えていくキレのよい甘味vあぁ幸せv

スコーン&ガレットそしてハチミツ・・・とくれば供する飲み物は紅茶が相応しいところですが、ここではあえてコーヒーを。
このコーヒーもクリスマスのプレゼントとして貰ったもの。ダンナからw
深煎りのブルーマウンテンです。
苦味と深みの強いコーヒーが好きな私は、まず自分で買う事はないブルマン。(高いしw)
しかし、本来高い香りとスッキリとした飲み口が特徴のブルマンも、深煎りにすると苦味が出るようで・・・。これはこれでナカナカの味でした。
一言で“苦味”と言っても、よくあるフレンチタイプのコーヒーの舌の奥の方にこっくり伸し掛かるような苦味ではなく、鼻にスッと抜けていくような、不思議な苦味です。しっかり苦いのにボディは軽いとでも言いましょうか・・・。ふむ、面白いコーヒーを貰いました。
あと二種類もらっているので、そちらもゆるゆる楽しもうと思いマス。自分でチョイスするのではなく、人に選んで貰うのも、新鮮でいいね。


と、ふくふくとした香りに包まれて、貴重な一人時間を楽しみつつ・・・、今年も一年ありがとうございました。
皆様に暖かな新年が訪れますように!!

JUGEMテーマ:日記・一般
| 日々の出来事 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

2011年反省会

中学生のお子さんがいる隣家の奥さんに言われました。

「子供が大きくなるにつれ、どんどん自分の時間が無くなっていくから、趣味や資格なんかに挑戦するのは子供が小さい今のうちだよ」

ま・・・まじでか?!

子供が大きくなるにつれ自由時間が戻ってくるモンだと思ってたよ。

でもそう言われて考えてみると、『育児の合間に資格を取得しました』とか『趣味を充実させました』とかってフレーズ、よく聞くよね。
ここで言う“育児”って、未就学児を育てている正に今の事なんだろうな。

ま・・・まじでか?!(2回目)

意識していないと、3歳児+0歳児の世話をするだけで月日が過ぎていってしまいます。

そこで、足音近い来年を日々充実して過ごす為に、今年を振り返って反省会でもしてみようと思いマス。
“出産”という大仕事があったので、まぁそれを無事終えただけでもそれなりに実りのある一年だったとは思うのですが・・・。
それでも年初に『今年はアレとコレをやってみたいな』と漠然と考えていた事が数点あるので、以下に羅列し、どの程度達成出来たか自己評価してみます。あえて出産・育児以外の面でw



まずは、やってみたいと思っていた事リストアップ。

・PCの勉強(いずれするべきお仕事をにらんで)
・英語の勉強
・裁縫修行
・読書
・カリグラフィー
・トールペイント


ではサクサクと反省会をば。

・PCの勉強
これは、第2子の育児の目途がついた時にスグにお仕事出来るようにと心掛けて勉強しておりました。
このブログをずっと見て下さった方なら何のお仕事かご存知かとおもうのですが、あの仕事イチオウまだエントリーした状態のままになっているのでw
ちゃんとスキルを維持しておくのは必須事項として、この目標についてはせっせとこなしておりました。まぁまず合格点の達成率。


・英語の勉強
これはもう生涯学習的なカンジでw
これまでに割いてきた時間を考えると、「もちっと高レベルなトコに辿り着いていてもいいんじゃないのか私」と落ち込む事しかりです。つまりその程度の達成率です。
英語ってさー、暫く離れているとガクッとレベルダウンするんですよね。
出産前後4カ月間くらい全く英語に触れない時期があったのですが、それだけでもう、以前は聞き取れていた英会話CDが、何言っているかよく分からなくなっていました。
脇に常にウルサイやつら×2が居る事を考えると、机上勉強よりも“聞き流し”に力を入れた方が、コンスタントに出来るかもしれない。
来年はとりあえずあまり欲張らず、娘と一緒に英語歌詞の歌を聴くとか、そういう日常の中で出来る事を積極的にやっていこうと思いマス。

反省文としては蛇足になりますが、12月に入ってからクリスマスソング(英語歌詞)を頻繁に流していますIN我が家リビング。すると我が娘、ジングルベルなどの繰り返しが多い歌は“ふわっと”ながら英語歌詞で歌えるようになりましたよ!!流石の吸収力。
“ふわっと”っていうのは、まぁ、耳で聞こえるままに歌うから、アヤシイ部分も多いケドって事w


・裁縫修行
・・・こ、これはね・・・。「裁縫出来ない呪い」がかかっているワタクシには、かなり苦しい修練です。
しかし、子供が幼稚園だの小学生だのに進めば、ある程度のスキルは必須になってくるであろう事が予想されます。
ミシンだの裁縫箱だのの道具の方はしっかり揃っているので、後は数をこなしていかねば・・・。
とりあえず今すぐ使うものとして、枚数が必要な「よだれかけ」を作成してみました。
・・・お出掛けには使えなさそうなヘロヘロの出来栄えでしたww
が、無謀にも挑戦した「名前の刺繍」と「アップリケ」はなかなかの出来。(注・私基準)

アップリケ
小さな子供ならよく知っているであろう、“花かっぱ”のアップリケ。フェルトに下絵を描くところからやったのですが、ナカナカ似てると思いませんか(いやこのデザインで似てるかどうかとか言われてもw)
やってみて気付いたのですが、刺繍とかアップリケ作りとかって、絵を描く要領と似ているんですよね。一筆一筆描いていくのと、一針一針刺していくのと、作業に類似点がある。
コレ、私、結構いけるかも。
無地の既製品を買って、それにアップリケや刺繍を付ける事で手作り感出すってのも、一つの手かもw


・読書
かつては読書大好きだったというのに、近年は手にする本と言えば実用書ばかりで、心掛けていないと“小説”ってモノを読まなくなっているワタクシなのです。(実用書は結構いろいろ見てるけど)
でも、フィクションの小説を読む事って、時間の余裕と充実感を感じられて、心の潤いや生活のゆとり感を生み出してくれるんですよね。楽しく育児生活する為にも、ゆったり読書する時間も作りたいと思い、今年は積極的に小説を読んでみました。
丁度いい事に、自宅から目と鼻の先の近場に図書館があるので、手当たり次第に借りてみましたよ。読まずにそのまま返却する事もあったケドw
歴史物に偏りがちの私の読書嗜好なのですが、これまではあまり手の伸びなかった「話題の本」(またはかつて話題になった本)に、あえて手を伸ばしてみました。映画化した作品やら、何某かの賞を受けた作品やら。
比較的読みやすい文章のものが多くって、それこそ育児の合間にサクサクと読めてしまいました。その手の本の中では、横山秀夫の「半落ち」、湊かなえの「告白」、角田光代の「八日目の蝉」なんかが印象的でした。
特に「告白」はラストが好き。作者湊かなえ女史の文章力に物足りなさを感じつつも、ラストに衝撃受けて2度読みしました。
ネット上での評価ものぞいてみたのですが、文章力への酷評はもとより、ラストについての「非人道的」「道徳的にどうなの?」という批判を多く見ました。私はその“反道徳的”なラストが気に入ってしまった訳ですがw
いや、あくまでもフィクション作品の一演出としてですよ?


・カリグラフィー
“絵を描く”という行為を、どういう形かでも続けたいと思い、挑戦してみようと思い立った事の一つです。
人にメモを手渡す時とか、ちょっとした手紙を書く時とかに、綺麗な図柄や文字をサッと描けると素敵だなぁと思い、ちょみちょみと練習しております。
そうは言っても、優先順位が低いので、まだまだ初心者の手習いレベルから抜け出しておりません。
練習を兼ねた残念な出来栄えのクリスマスカードを受け取ってしまった数人の友人達に、この場を借りてお詫び申し上げますw で、これからもちっと付き合ってねw


・トールペイント
カリグラフィーとほぼ同じ動機。生活の中で使えるお絵描きっていいなぁと、憧れております。
が、今年は、「憧れ」で終わってしまいました。
近所の家の玄関に、トールペイントで描かれたすごーく素敵な表札があるんです。そこの奥さんと話しをした時に聞いてみたんだけど、独学だけじゃかなり厳しそう。
基本的に何でも独学なワタクシですが、これだけはそのうち機会を作って、基礎だけでも習いに行きたい。 (基礎を教えてもらうと、その後の上達も早いだろうなと思います。これは何にしてもいえる事ですが)


と、全点、来年へそのまま持越しの目標ばかりですw
日々を無為に過ごさぬ為に、そして日々心地よく過ごす為にも、来年も心掛けていきたいデス。

反省おわり。


JUGEMテーマ:趣味
JUGEMテーマ:育児
| 育児生活 | 04:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM