<< 初節句 | main | 遅ればせながらホワイトデー >>

マキアヴェッリ語録

先日、麻生首相が、『八重洲ブックセンター』で購入したという十冊の本。
その中に、私も愛読している本があったので、その本について綴ってみたいと思いま・・・思っていました。
タラタラしている内に、話題の旬を逃してしまった感がありますが、まぁいいや、折角だから、自分メモのつもりで綴っておきます。


塩野七生氏著『マキアヴェッリ語録』
Yahoo!ニュースの記事に、「(この本を買った麻生総理は)政権維持の方法を探ろうとしているのかも」と書かれていましたが、折角読むのならぜひ政権を取る前に一読頂きたかった一冊です(笑)

マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
塩野 七生

ニッコロ・マキャヴェッリ(Niccolo Machiavelli, 1469年5月3日 - 1527年6月21日)は、イタリア、ルネサンス期の政治思想家である。著書に、『君主論』、『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』『戦術論』など。理想主義的な思想の強いルネサンス期に、政治を宗教・道徳から切り離して現実主義的な政治理論を創始した。日本語ではマキャヴェリ、マキャベリ、マキァヴェリ、マキァヴェッリなど様々な表記が見られる。
(ウィキペディアより)

マキアヴェッリその人物を知らずとも、「目的の為には手段を選ばない」に代表される、マキアヴェリズムという思想は知っているという人も多いでしょう。
権謀術数主義と言われるその思想を持つ施政者は、暴君的色合いを持っているのではないかと誤解されそうですが、マキアヴェッリが書き残した言葉を読めば、後の時代で彼の思想の印象的な部分が一人歩きしてしまったのだと分かります。彼の思想が求める最終目的は、君主に富と権力を掌握させるところにではなく、国民が安心して平和を享受出来る国家を築くところにあったのだと、そう感じられますから。

マキアヴェッリが理想として掲げている統治技術では、キレイゴトだけでは治められぬ「国家」を固める為に、群衆心理を巧みに操り、時には人倫に背くと非難されるであろう手段をも致し方無しとされています。
“いいひと”“正義の人”というだけでは、国は治められないんだよ、という訳です。こう言えば、嫌悪感を覚える人もいるでしょう。
しかし、彼が分析する群衆心理や個人の性癖は、現代の私たちに鑑みても成る程と納得する点ばかり。“統治される側”が“統治する側”を知るという意味でも、一読の価値があります。
また、政治という観点を離れ、社会を生きる一人としての“訓戒”としても、最適な言葉が盛り沢山です。
マキアヴェッリの思想まるごと受け入れるというのではなく、その中で「これイイ」と思える一言を探し出し座右の銘とするだけでも、人生観が少し変わるカモ・・・と思います。

とか言いつつ、私が読んだのは、マキアヴェッリの著作そのものではなく、あくまでも塩野七生氏がチョイスした「語録集」
なんせ、あの明治文壇の重鎮・森鴎外をして「読み易き書と称すべからず」と言わしめたという完訳本を、私ごときが読めるハズもない(笑)
塩野七生女史の視点で、これはと思う言葉の数々を抜き出し、マキアヴェリ思想のエッセンスとして纏め上げたこの『マキアヴェッリ語録』は、言わばマキアヴェッリ思想へのショートカットと言うべきでしょうか。

私は、塩野女史の著作の崇拝者ではありますが、その私の目から見ても、女史の歴史人物観に全幅の信頼を寄せるわけにはいかないと感じます。なんせ女史の執筆の原動力の一つは、「萌え〜v」ですからね。萌えで歴史を綴る知性派女性、それが塩野七生女史。(って、それ言い過ぎ)
しかし、この著作は、あくまでも、マキアヴェッリの言葉の抜粋集。チョイスに塩野氏の性向が加わっているであろうとは言え、難解な完訳を読むことなく、マキアヴェッリの(政治的)術数論に迫れるのだから、お得な本だといえるでしょう。
ホント、麻生首相、ちゃんと読んでおいて下さいよ(笑)

余談になりますが。
『マキアヴェッリ語録』は、特に歴史知識が無くても読める本ですが、マキアヴェッリが生きた時代のイタリア半島は、群雄割拠していた上、大国フランスからも虎視眈々狙われていたという戦国期であり、“軍事”を政治から切り離す事は不可能であった点を念頭に入れる必要はあると思います。
また、マキアヴェッリが理想として掲げた君主・チェーザレ・ボルジアについても、塩野女史の著作がありますので、それを合わせて読むと、より理解が深まるかと・・・。

チェーザレ・ボルジアと言えば「ボルジア家の毒薬」で名高く、その為、陰謀渦巻くドロドロ汚い人生を生きていたのではないかという先入観があるかもしれません。っていうか、私自身がそんな先入観を持っていました。しかし塩野氏はそれら“風説(俗説?)”を一蹴し、戦乱のイタリア半島に現れた一人の英雄として、チェーザレを描いておられます。日本史の織田信長的なヒーローかな。
塩野女史の若き日の著作である為、近年著された『ローマ人の物語』ほどの面白さはありませんが、女史の才能の芽生えを感じられる一冊です。
チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷
チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷
塩野 七生


最後に。
『マキアヴェッリ語録』の中で、私の心に引っかかった部分を、何点か、そのまま抜粋致します。

いかなる政体であろうとも、国家というものは、はじめから完璧な組織づくりができているなどということはありえないのだ。
それゆえに、一度ならず手直しが必要とされてくるのだが、その改革が根本的なものであればあるほど、ただ一人の人間の意思と能力に、改革の成功が左右されることが多いのも事実である。
しかし、この種の大任を負う一個人は、私利私欲よりも公共の利益を優先し、自らの子孫のことなど考えない人物であるべきで、そういう人物こそ根本的な改革もなしうるのだから、そのために必要な全権力を獲得するよう努めてほしいものである。
そして、この種の目的のためにいかなる非常手段が用いられようと、非難されるべきではまったくない。
結果さえよければ、手段は常に正当化されるのである。


指導者を持たない群衆は、無価値も同然の存在である。


人は、大局の判断を迫られた場合は誤りを犯しやすいが、個々のこととなると、意外と正確な判断を下すものである。
だから民衆も、巨視的な視野を要求される事柄の判断力では頼りにできないが、ミクロな事柄ならば、多くの場合正確な判断をくだせるのだ。


判断力ということでも、民衆のそれは、意外と正確だ。二つの対立する意見を並べて提供してやりさえすれば、世論のほとんどの場合、正しい方に味方する。
もちろん、世論にも欠陥はある。真に有益なことよりも、見ばえのよいもののほうに目を奪われる場合が多いからである。
しかし、指導者たちといえども、自分たちの欲望に駆られて、同じ欠陥におちいることが多いではないか。しかも、指導者たちの欲望ときたら、民衆のそれよりもずっと大きいときている。


誰だって、誤りを犯したいと望んで、誤りを犯すわけではない。
ただ、晴天の日に、翌日は雨が降るとは考えないだけである。


天国へ行くのに最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである。

| 考える葦 | 10:11 | comments(0) | - | - | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM