<< ワンピース524話 | main | 真央ちゃんオメデト! >>

アラウンド・フォ〜ティ〜♪

話題にするのが少々遅きに失した感がありますが・・・。
今年の流行語大賞の年間大賞に『アラフォー』と『グー』が選ばれたそうですね。(って、ホントちょっと遅いよね、ブログのネタにするのが)

『グー』はともかく、『アラフォー』という言葉が、巷でどの程度使われたのかは微妙なトコロですが、「女!40歳!!まだまだ女盛り!」という認識が、世間的にそれなりに認められたのだとしたら、アラフォー世代に足を踏み入れたワタクシとしても嬉しい限り。
高齢出産・高齢子育て中で、ふと気を抜くと女を忘れそうになる今日この頃ですが、仕事に家庭に趣味に育児に、それぞれの道で美しく活躍している同世代女性の、活力溢れる姿には励まされます。

結婚・出産・仕事・・・etc、歳を重ねて『オバサン』になろうと、古い価値観に束縛されず、自分の生きたい道を自由に選ぶ女性達。そんな女性の強ささえも、“女らしさ”として社会的に認められてきているのか〜〜、イヤーたのもしーね〜〜。
・・・・・でもさ、ちょっと待ってよ、確か、今を遡る10年程昔・・・。トランタン(30ams)とかっていう言葉が無かった? 『仕事も!!恋も!!女の盛りは三十代から!!』みたいな触れ込み背負ってさ。
その頃、二十代のコムスメには負けないわ的鼻息の荒さで、時代を闊歩した30女性達は、きっと多分恐らく今現在はアラウンドフォーティになっているハズ。
するって〜とさ、今『アラフォー』という錦の御旗を押し立てて、“恋に仕事に輝くオンナ!!”を謳歌している人々って、かつて『トランタン』と謳われた、あの人達と同一なんじゃん?
つまり、もしかしてもしかしたら、十年後には、今度は、『オンナが花開くのは50歳から!!』みたいなサブカルチャーが、社会の前面に出てきたりするんじゃん?

娘盛りにバブル期を経験した世代の強さよ。常に自分らのサブカルチャーが社会の中心となるように狙うパワーがあるのかもしれませんね。

ただ、忘れないようにしたいのは、『アラフォー世代』本人達が声高に叫ぶ、「40歳女性はまだまだ花盛りv」という認識に、他世代も心底同意しているかどうかは、微妙なんじゃないかという点。
かく言う私、恥ずかしながら、30歳を過ぎた頃“ニキータ”という、やたら鼻息荒い雑誌を愛読していた事がありまして・・・(短い期間ではありましたが) その雑誌、今でもあるのかな? 合言葉は『20代のコムスメなんかに負けない!!』『30代オンナの色気に、20代コムスメが適うハズがない!!』みたいな・・・(恥ずかしい///)
間もなくその痛々しさに我に返り、購読するのを止めましたが、渦の中に呑まれている時は、「ふふふ、20歳そこそこのコムスメなんか、まだ女じゃないわよ、どうよ」くらいのイキオイでした・・・ははは(↓)
どうこうあがいても、20歳女性の輝かしさには太刀打ち出来ないものがあります。同じ土俵で戦っちゃダメってこと。じゃないとホント、痛いオバサンになります。

もしかすると、10年後には、『50歳の女も、まだまだ輝ける!』という気運が満ちる時が来るかもしれませんが、かと言って若い女性と同じ輝きは持てない事を、しかと肝に銘じておきたい。過去の自分の痛々しさを思い返すに、そう思うワタクシでした。
| 考える葦 | 17:13 | comments(0) | - | - | - |
Comment










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM