<< オヤツだってストイック | main | 離乳食ハジメマシタ >>

“米の価格”って何なんだろう

ニュースを聞く度に「どこまで被害が拡大するのか」と重いため息が出る、事故米関連の事件。
食品の最終消費者としての立場からの不安は基より、火の粉を被った関係業者の被害を想像しても、憤りは抑えられません。

三笠フーズがどう断罪されるのか、注意深く見守りたいです。が、今回は事故米ニュースそのものというより、それに端を発した疑問があるので、それについて。

三笠フーズから最終ユーザーに米が辿り着くまでに、なんと多くの業者が間に入っていることか。今回の事件のニュースで初めて知りましたが、3社も4社も間に入った上で、やっとこさ最終的に米を使用する場所(学校・病院・製菓の現場、等など)に辿り着くんですね。。
事故米事件については、それらの業者は“被害者”である事は認識した上で言いますが、何故こんなに多くの業者が間に入らねばならないのか、流通過程に疑問を感じます。
ただ、米を右から左に流すだけで利を得る会社が、3つも4つも間に入る・・・。
丹精込めて稲を育てて収穫している農家の方々の利益って、一体何なんでしょう。稲作現場の方が得る利益の何倍もの益が、流通過程で生じているのではないでしょうか。

米というのは政府が買い上げて、市場価格を調整しているハズですよね? つまり最終的な売値から逆算して、農家の方たちの利益が発生しているのではないのでしょうか?(知識が浅くてお恥ずかしいですが、この程度の認識しかない私)
もしそうだとすると、仲介業者が得る利益には、ある程度、限界値があると思うんですが。3社も4社も間に入れば、それだけ一社が得る利が薄くなる訳で、それならばなるべく流通を一本化しようと考えるのが自然じゃないのでしょうか?

この、“流通過程で、何社もの仲介業者が間に入る”というのが、健全な状態なのかどうなのか、私には分かりません。
知識が無いくせに仮定の話をして申し訳ないのですが、もしもですよ。もしも、今回のように、『右から左に米を流す』だけで利を得る会社が、何社も連なるような状態が、普通の形ではないのだとしたら・・・。それだけ安い米が“食用”として流れてきた事に、それらの企業は何の疑問も抱かなかったのでしょうか?

と、一介の主婦から見た世の中のしくみには、疑問点が一杯です。
| 考える葦 | 16:06 | comments(0) | - | - | - |
Comment










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM