<< 出産記録 その時ダンナは編 | main | 出産記録 嵐の一夜編 >>

出産記録 抜糸騒動編

あれ程に痛くて苦しい経験は、人生の中でもそう何度も無いだろうと思われる出産を終え、痛みに対する耐性がついたと自信が持てました・・・。

と思ったのですが。

いやホント、出産直後は「これで私はもう、この世に在る大抵の痛みは、乗り越えられるようになったYO!」と思ったもんです。だって、あれ以上の痛みなんて、そうそう無いもん。
しかし、そうは問屋がおろさなかった。

産院でのベィビィとの生活が始まり1日2日経った頃。入院中のママさん達の間で噂にのぼる、とある一事がありました。
この産院では、会陰切開した傷を縫合するのに使う糸は、溶ける糸を使うケースと溶けない糸を使うケースとがある、というのです。切開の深さや長さなどにより、使う糸の種類を決めるそうなのです。
そして、自分がどちらの糸で縫合されたのかは、退院直前の診察時までのお楽しみ♪というのです。
溶けない糸を使用していた場合、勿論その診察時に抜糸される訳ですね。

抜糸!!!

アソコの部分を縫い合わせた糸を、抜糸って!!
どんなだよ?!どんな痛みなんだよ?!!

実際に抜糸されたママさんの話によると、「陣痛とは全く別の種類の痛みだよ〜。切り傷を擦った時みたいな感じかな」との事。ぎょえ〜、今まで切り傷的痛みをあまり受けた事の無い箇所に感じるその痛みって、未知数で怖い!!
縫った針数が多ければ、勿論それだけ抜糸の時間も掛かる訳で、もしも抜糸という事になったら、どれ位長い時間その痛みを耐えねばならないのだろうかと、不安が募ります。

入院中は、自身の体力が衰えている中で必死でベィビィのお世話をしているので、大抵の時はその案件は忘却しているのですが、時々ふと「私はどっちの糸で縫われているんだろう」という思いが頭を過ぎり、ブルーになるのでした。
陣痛と分娩の痛みを耐え抜いた後でも、それはそれ、これはこれ。やっぱり抜糸の痛みは怖い〜〜(苦笑)

そしていよいよ、退院を明日に控え、最終診察の時がやってきました。
それなりに体調も回復し下腹部の痛みも和らいでいたので、その辺に関してはあまり心配していなかったのですが、やはり抜糸の有無を思って、やや気重のワタクシ。
お医者さんが診察している間、「いつくるか?いつくるか?」とドキドキ。
そんな私のブルーな気分を他所に(?)、一通り診察をし「順調に回復していますね。いいですよ」っと笑顔を返し、次のママさんを診に向かおうとするドクター。

私は思わず、呼び止めました。
「あ、あの・・・抜糸は?」
するとドクター、ニヤリと笑って一言。
「無いよ」

途端、体の力がフニャ〜っと抜け落ちました。
「得した気分でしょ?」とお医者さん。もしかして、わざとやってないか?(笑)
でも、本当に得した気分でしたよ。

と言う具合で、出産の痛みを乗り越えた後でも、やっぱり注射は嫌だし、タンスの角に足の小指をぶつければ痛いのでありました。それはそれ、これはこれね(苦笑)
| マタニティ日記 | 13:12 | comments(0) | - | - | - |
Comment










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM