<< 英才教育進行中 | main | 祈り >>

マタニティの日々報告

妊娠中の健康管理の為、カロリー低め・塩分控えめ・カフェイン摂取を最小にと、アレコレ気を使っている高齢妊婦。
かなり頑張っているつもりなのに、それでも増える体重は、どうしたものか・・・。
嗜好品などの制限にストレスを感じつつも、なるべく安産したいと、必至に自制する日々です。

とか言いつつ、一人目の妊娠時と比べると、考えが色々と緩くなっているのですが(笑) よくあるパターンやね。
一人目の時は本当にストイックだったなぁ。料理する際は、極力昆布とカツオの出汁だけで味付けしたりとか。(ダンナの分は別途調理していた・・・) 大好きなコーヒーも、ごくたま〜にコーヒーショップで楽しむくらいで、殆ど飲まなかったし。

今回は・・・、引越しもして馴染みの無い土地で子育てしながらの妊娠生活、まぁ我慢しすぎでストレス溜めても良くないよね〜っ・・・と言い訳しながら、嗜好品もほどほどに楽しんでしまっています。

コーヒーは、基本的に「家の中では飲まない!!」とは決めているのですが(タガが外れるのが恐いので)、外出先で結構飲んでしまっています。
というのは実は、日常利用するショッピングモールの中に、とびきり美味しいコーヒーを出す喫茶店があるのを発見してしまったからなのです。
喫煙者が追い立てられている近年、コーヒーが美味しい昔ながらの喫茶店は、喫煙者の数少ない憩いの場になっているところが多く、非喫煙者には過ごし難い場となってしまっております。なので、非喫煙者なワタクシは、スタバやタリーズなど分煙がしっかりなされているチェーン店へと足を運んでいるのですが、正直スタバのコーヒーを「すんごい美味しい!!」と思って飲んでいるわけではなかったんです。タリーズはワタシ好みの苦味の強いコーヒーで結構好きだけれど、スタバは、値段考えるともっと美味しくてもいいよねって思うよ。

ところが、先に発見したといった喫茶店は、分煙がしっかりなされている上、一杯一杯丁寧にドリップしてくれるコーヒーが絶品!!なのです。ヤバイ、これヤバイ。
深いコクと心地の良い苦味の後に、ふっと切なくなるような甘味が残る、ワタシの嗜好にガッツリはまる至福の一杯。“苦味”といっても、舌を刺激する類のものや、キシキシと不快な舌触りが残るものではなく、舌上でコロコロと転がるようなまろやかな感触の中にビターを感じるという、まさに理想の苦味なのです。そしてその苦味が薄れていく際に、瞬時感じる甘味がまたたまらない。
自宅で自分で淹れるとしたら、奮発して買った良い豆を、細心の注意を払いつつ丁寧に淹れて、5〜6回に一回成功するかどうかという位の希少さです。(←それはワタシの腕に問題あるだろうと、セルフ突っ込みしておこう)
スタバと同程度の値段で飲めてしまう、このコーヒー。ワタクシの妊婦生活の、大きな敵となっております。平日はドーター連れなので立ち寄るのは難しいのですが(幸いな事に・笑)、ダンナに子守りをしてもらって買出しをする土日には、ついつい足を運んでしまうのでありました。

話は妊婦生活から反れますが・・・。
「コーヒーは苦手」「苦くて飲めない」と言う方にこそ、ぜひ一度、それなりのコーヒー店で、少なくとも一杯500円から1000円くらいはするコーヒーを試してみて欲しいなぁと思うワタクシ。
マックの100円コーヒー飲んで「コーヒーは不味いよね」って思っているとしたら、「あれはコーヒーではアリマセン」と反論したい、そんなコーヒーホリックです(笑)


・・・なんかマタニティ日記というより、コーヒー中毒日記になってきたな。
修正修正。
さて、お腹の中のベィビィの話ですが。
先日の検診で、8〜9割の確率で男の子である事が判明しました。現在の「ブツ」は、推定5mmです(笑) 
体長も、大き過ぎる事も小さ過ぎる事もなく、元気に成長している様子でした。
男の子かぁ・・・。
一人目の時は、「男の子が欲しいなぁ」と漠然と思っていたので、女の子と判明した時は、実は軽くショックだったのですが、今回は「女の子の姉妹になるといいなぁ」と漠然と希望していたので、またしても軽くショックでした(笑)
産まれてみると、女の子って可愛くて可愛くてv もう一人女の子でも嬉しいなぁと思っていたのですが。でも、男の子もきっと、別の面でとびっきり可愛いんだろうなぁ♪ 両方育てられて、ある意味幸せかもv
それにダンナは、一人は男の子が欲しいと希望していたので、嬉しかろう。勿論、ドーターの事を溺愛しておりますが、女の園に男一人という状況を危惧していた様子もあるので(笑)

そう言えば、ドーターを授かった際(まだ妊娠したと自覚していない時)に、小さい女の子に会う夢をみたんですよね〜。あ、“夢”って睡眠中にみるほうのヤツです。そして実は今回は、妊娠初期に、男の子の赤ちゃんをお風呂に入れている夢をみていました。
夢の中で会った胎児の性別は、現実とは逆になるなんていう風にも言いますが、私の場合、夢の通りだったデスね。

そんなこんなで、「男の子を育てるって、どんな感じかなぁ〜」と、不安と期待入れ混じりつつ、マタニティライフ後半戦に突入しております。






JUGEMテーマ:育児
 
| マタニティ日記 | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM