<< あけましておめでとうございます | main | ありのままは見せられない >>

アウェイの地での戦い

お久しぶりです。

相変わらず、やりたい事・やらねばならぬ事に追われつつ過ごしておりますが、そんな日々を綴っても面白くないので、ここは一つ最近体験した新境地の話でも。


約4か月ぶりくらいに(!)美容院に行きました。
や、美容院へ赴いた事=新境地ではありませんよ?(笑) かなり間があいたけど。

元来の私は、お気に入りの美容院を決め通いつめたい性なのですが、なにせ引っ越ししたばかりの今、新たな美容院を開拓するしかありません。
「雰囲気が良く落ち着ける上、美容師さんとの会話が楽しく、お値段も納得」という理想の美容院は、何軒か渡り歩いてみねば巡り会えないでしょう。

とりあえず地元の情報ペーパーに目を通し、割引サービスを受けられる店をチェック。その中で、開放的でオサレっぽい店構えの一店に目を留めました。カット&カラーリングのセット、通常9800円が半額になるというのだから、これは一度試してみよう、と早速予約の電話を入れました。

ドーターを旦那に任せ、「久しぶりに羽を伸ばせるわー」と心軽く赴いたそこは、想像以上にオサレな店構えの美容院でした。前回の妊娠時から新調していないマタニティ服で訪れた私は、やや気後れを感じつつ店内へ。
そこは・・・。
イケメンバラダイスでした。

いや、単に美容師さん全員が男性だったというだけの話ですが。若くてオサレなお兄ちゃん10人ほどもが待ち構えているその店内は、最近オサレな場所に行きつけていないワタクシをびびらせるには十分でございました。
駅前という好立地もあり、人気店らしいその美容院。いや、駅前だからというだけでは無いな、これ絶対に「スタッフ全員若いオサレ兄ちゃん」ってのを売りにしてるよね。

ともかく気を取り直して、誘導された鏡の前に座るワタクシ。
隣の席で可愛い女の子が、「最近、出会いとかあるの〜?」とか「卒業式はどんな髪型にするの?」などと、美容師さんと華やかな会話を交わすのを聞きながら、「これから出産・育児をせねばならぬ為、なるべく長持ちするカットで御願いします」と、色気も何もないオーダーを致しました。

カットに入る前に料金説明を聞いたのですが、そこでまたびっくり。
カット&カラーリング9800円は確かに半額になるのですが、そこにはシャンプー代とスタイリスト代は含まれていないというのです。シャンプー代は別というパターンは確かに時々見かけるけれど、スタイリスト代というのは一体なんぞや? (指名料とはまた別)
聞けば、美容師の経験値に合わせて発生するらしいそれは、無料でやってもらえるのは一番下っ端のペーペーにカットしてもらった場合のみ。それなりの経験を持つスタイリストさんにカットしてもらうには、1500円ほど掛かるというのである。
トップ・オブ・ザ・スタイリストに施術してもらうには3500円程の追加料金が必要だとか。そこに指名料が加わったら、一体いくらになるのだ?!

しかも!ワタクシの髪の長さだと「ロング料金」がプラスされるというのだから、またびっくり。私の髪の長さって、肩下20cm無いくらいだと思うんだけど・・・。
何だかんだ追加していくと、結局1万円近くなるというその料金に、「騙された感」を感じつつ、既に鏡の前でケープをかけられた状態のそこから、「いや、やっぱ別の店行きますわ〜」と言う度胸は流石に無かったワタクシです。一応、施術前に説明してくれてるから、ぼったくりと言うのも微妙・・・つまりは私の負け負けってことですわね。事前にWEBサイトをもっとよく見ておくべきだった!!

こうなったら若いオニイチャンとの触れ合いを楽しませてもらおうと、オバサン的思考の元開き直るワタクシ。
しかし、そこでまた衝撃の出来事が!!
オサレなオニイチャンが発する日本語を、時々理解出来なくなるワタクシなのである!!
例えば、カラー剤を付けてもらっている最中。
オニイチャンがこう言うのです。「ケッコーしみます」と。ちなみにイントネーションは語尾下がり。
私は脳みそを一生懸命動かします。「?”けっこーしみます”?」
色素が髪の中に順調に浸透していますよって意味?それとも、カラー剤が自分の手に沁みて痛いって意味??
それが「カラー剤が目や頭に沁みて痛かったりしないですか?」の意だと気付くまで数秒。「あ、いえ特に」と、やや間を置き間の抜けた返答をするワタクシなのでありました。
せめて語尾を上げて疑問形の形にしてくれよ。わかんねーわよオバサンは!!
と、万事こんな風に会話が交わされていくのでありました・・・はぁ・・・。

店内には、2人3人の若いオニイチャンに囲まれテンション高い熟女の方もいらっしゃったりして、決して若い女の子だけの需要を満たしているお店では無いようなのですが、私は・・・ダメだ。次は他の美容院にチャレンジしてみます。割引適用されなかったら、今回のオーダーで1万5千円くらいは掛かっていた訳だしねぇ。たかがカットとカラーでさぁ。
雑誌やTVで紹介される人気美容院というのは、大体こういうシステムなのでしょうか。何だかとっても遠い世界に感じますが、とにかくその一端を覗かせてもらえて、いい経験したと思いませう。

美容院って、基本的にウキウキする場所だと思うんだけど、背伸びせずにくつろげる美容院に巡り会うまでは、こんなアウェイでの戦いが続くのだろうか・・・。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 日々の出来事 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM