<< トイレトレ失敗!! | main | 堂島風ロールケーキレシピについて >>

ワンピース 598話感想

待ってました〜〜!!

ついに冒険再開です!!


今まで以上の猛者共が集う海。その激流のような海に、今乗り込もうという麦わら一味の再集結!!

今回は、待ち焦がれた麦わらメンバーの再登場。はぁ〜〜熱い!!
言葉が上手く纏まらない部分もありますが、ともかく思ったままを綴ってみます。


続きを読むからドゾー。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
本編に先んじり、巻頭カラーで麦わら一味勢揃い!!う、う、うわ〜い♪
「連載再会時の巻頭カラー絵って、どうすんだろう」と、密かに気になっておりました。二年経過し、出で立ちに変化が生じているであろう面々。その新たな姿を、本編での登場に先立って表紙で見せてしまう事なんて、あるだろうか?!と。
・・・あ、ありましたね(笑) ここまで待たされたのだから、どうせならメンバー一人一人の新たな姿を、もっと勿体ぶって披露してくれてもよかったのにと、心の隅でチラリ思いつつも、新世界へ踊り込むヤツラが一堂に会する絵面を見ると、やはりニヤニヤしてしまいました。
連載第一話目の表紙をなぞった巻頭カラー絵。一話目表紙と並べて見比べるに、数々の冒険を経たルフィには、なにやら貫禄を感じます。そしてナミさんの成長具合ったら!!たわわに実っちまった〜〜v

さてさて、再会の地シャボンディ諸島では、現在、偽麦わら一味なぞが大手を振っているようですが、その辺りはする〜っと流して、新生麦わらチームの面々について(主に外見)、感想を叫んでいきたいと思います。
 


まずは、一切の勿体付け無しでジャンプ総表紙で成長した姿をお披露目してくれた船長から。
うん・・・見た目はそんなに変化していないかな。もしかしたら少し筋肉質の逞しい大人の男になってしまうかもなんて、予想していたのですが。

世界の大きさと自らの小ささを自覚し、しかし揚々とした自信は失わず挫折を乗り越えたルフィ。内面は一回りも二回りも成長したであろうルフィですが、少年らしいあどけなさ残るフェイスは健在でした。
胸に残った十字傷は、ルフィにとっては辛い「あの事件」を克明に思い出させる十字架でしょうか。しかし、その表情には翳りは見られません。新たなる冒険の地でも相変わらずのサニースマイルを見せてくれそうです。よかったよかった。

掛け替えのない存在であった兄エースの死を、カンタンに振り払ってもらっても困るのですが、“負”の感情を前面に出して引き摺るのも、ルフィらしくないですからね。清しい笑顔は失わずに、でも、取り返しのつかぬ現実に煩懊した経験を、しっかり糧として受け入れて成長した姿を、これから見せて欲しいです。


次に、仲間の中で一番手に登場したのは、ブルック。
何だよアンタ、こーゆー方向の“音楽家”になったんかい!!(笑)

光遮られた暗い海を一人で50年も彷徨ってきたブルックの外見が、2年程度でどうこう変わるものでもないだろうと、そう思っておりました。が、身体的な変化はないにしろ、音楽性は大きな転向をしたんですね。ツアーしながら帰ってきたんかい?!!(笑)いやいや、カテゴリレスな音楽活動を行ってこそ、海賊王が従えし世界の音楽家。これも一つの修行ですな!!(は?)
手長族をマネージャーとして使っているちゃっかりさ、人生経験の長さを感じさせます。それとも逆に手長族に使われているんか?金ヅルとして。

それにしても、人々を慄かせ遠ざけざるを得ない外見を持つブルックが、こうして大衆に受け入れられ心酔されている様子を見るに、これまでの彼の50年の孤独を思い感慨無量です。しかし、船の中でずーっとその格好されるのは、ちょっとウザイので謹んで下さい(笑)


続いて登場のサンジ。「あれ〜?ヒゲが濃くなった位で、後は全然変化なし?」と、一見して思ったワタクシ。何故か感じる違和感に首をかしげつつも、一読目ではそれ以外の変化に気付かず(サンジファンとして、これでいいのかワタクシ・爆)
「オカマにはなってないんだね、ちゃんとオンナノコに反応してる。よかったよかった」と、とりあえず一安心。
その後の読み返し時にやっと、先程感じた違和感の原因に気付くのであった。

いや、遅いよね、気が付くの(セルフ突っ込み)
連載10年目にして遂にお目見えしたサンジの左目!!今まで密されていた特殊レーダー機能を持つ“サーチアイ”を顕にし、新世界のレディ達を一層つぶさにチェックしようという鼻息の荒さですね、分かります。その心意気や良し。
しかし、問題はそこではなかった。彼のトレードマークである“ぐるぐる眉毛”。勿論健在ではあるのですが・・・あるのですが・・・。『そっち側』がぐるぐるなんかいぃぃっ!!
気付いた瞬間、爆笑しました。あ、ありえね〜〜〜。両目一度に出せない訳だよ〜〜。は〜〜笑いすぎて苦しい、酸素酸素。と、ひとしきり笑った後、ふと我に返る。これでいいのか?と。
一時のギャグとしてはウケたけど、この先ずっと、眉間ぐるぐるなの?いいの?それ?
・・・・・・まぁ、いいか。

その“サーチアイ”で、早速オンナノコをロックオン。地獄からの生還後に見る本物のレディは、さぞかし眩しかろう。ナミさんなんかを見たら眩し過ぎて目が瞑れるゾ。
いやしかし、あの地獄からよくぞ無事で・・・サンジにとってどれ程の修羅場だったかと想像するにつけ、涙が・・・ホロリ(くくく・・・漏笑)


で、サンジがソワソワと再会の時を待つ、そのナミさん。
酒場にブラ一丁という出で立ちで登場!!何という貫禄!!もうね、そんじょそこらの男では相手に出来ないオッパイに・・・いや大人の女になりました。

麦わらのルフィを騙る下衆ヤロウの居丈高な呼び掛けを、ケンモホロロに去なすナミさんv
その後のスルーっぷりにも、格の違いを感じさせます。
思い返せば、ジャヤの酒場でベラミー一味と対峙した時には、その横暴な振る舞いに感情を尖らせたナミさん。しかし今やどうでしょう。小物は相手にしていられないわとばかりに、クールにスルーするその鷹揚さ。
元々ティーンの乙女としては度胸の良い方でしたが、それでも想像を絶する冒険の数々の中、テンパってしまったり絶叫したりという場面も多かったナミさんが、今やちょっとやそっとでは動じぬ大人の面をも身につけてしまったのでしょうか・・・。クールビューティすぎるvv

外見もぐっと大人になりましたね。ますますの成長を遂げたオッパイは言わずもがな。ちょっと意外な長髪のカーリーヘアも色っぽい、何て挑発的なんでしょう。
しかし・・・しかし、本音を吐露してしまってもいいでしょうか。大のナミ好きであるからこそ、言わせて貰おう。この外見的変化・・・ちょっと微妙かも。オッパイはいいけど(おい)
ナミさんは、あどけない少女の表情とボーイッシュな清潔さを持つ一方で、色っぽく美しい大人の女性の艶やかさが時折覗く、その振れ幅の大きさが最大の魅力であったハズ。
ある時は顕わな太腿ですら健康的にサッパリ見える中性的な一面をみせ、またある時は堪らぬほどコケテッシュに男心を捉え・・・まるで猫の目の虹彩のように見る人を魅了するナミさんv

しかし、二年経ってのこのナミさんの性的オーラはどうでしょう。う〜ん、正直ここまで分かりやすく大人の女性をアピールしてくれなくても、よかったのに・・・と、贅沢にも思ってしまいました。
露出度高すぎの服装も、嬉しいやら嬉しくないやら・・・複雑。
瑞々しく漲り詰めたオッパイに今にも負けそうな危ういブラ一丁の上半身、そして寛骨クッキリのローライズパンツ。う〜ん、サービス良すぎて有り難味が薄れるような(と言いつつガン見だよっ?!)

そんな、大人っぽさが際立つ成熟ナミさんですが、再会したウソップに歓喜のあまり抱きついてしまう様子は、変わらずの無邪気可愛いいナミさんのままですなv
まぁこれからもイロイロな表情は見せてくれると思うし、後は慣れなのかなぁ・・・。

あとこれは余計な心配かもしれませんが、長髪のカーリーヘアって、丁寧に作画してくれれば凄くキレイでしょうが、作画が荒れるとボサボサ髪に見えてしまいそう・・・。あれって描くの大変そうだし。その辺り重々御願いします尾田先生。


で、そのナミさんの見事なオッパイに挟み込まれるという、実にウラヤマシイ役で登場したウソップくん。
おおー!!筋骨逞しい青年に成長しとるーー!!頼もし〜〜!!
人の背後に隠れつつ虚勢を張るウソップや、いざという場面で足をガクガクさせながらも勇を鼓して戦うウソップが好きだったので、フツーに強くなってしまった彼が戦闘に於いてどのように振舞うのか、まだ想像が出来ないのですが(笑)その活躍に大期待しましょう!!

と、その前に、彼のダイエット日記をぜひとも伺いたい。どうすれば痩せられますか?(笑)いや、相当頑張ったんだよね。痩せるためには何より運動!!(修行!!)
肉体的な強化は元より、ウソップ得意の武器開発の技術も、ますます磨きがかかっている様子。トーンダイアルに加え、ボーイン列島で入手した不思議植物というレアアイテムを携えて、どんな新武器を見せてくれるのかも、楽しみです。
 

続いて登場するのは、黒髪を艶っぽくかきあげたヘアスタイルを見せてくれるロビン姉さん。
おおおーー!!リゾート地からの休暇帰りのハリウッドスターみたいだ!!で、早速芸能記者に追われてると(笑)

しかし外見はともかく、何かに“追われる身”である様子は相変わらず。もう宿業なのかねぇ。
パッツン前髪を長く伸ばして後ろにかきあげ、知的な額を見せてくれるその表情、素敵ですな〜v
髪型のせいなのか、それとも心情的な余裕からか、全体的に艶やかな雰囲気になりましたね。その為、知性と教養の高さと冷静さを感じさせ、どことなく近寄り難さを感じる雰囲気が弱まり、艶めいた柔らかさが加わった感じがしますv
ううう〜ん、女30代にしてますます男心を騒がせそうだ。


さて、各々多かれ少なかれの成長を遂げた姿を見せる中、全然成長した感のない(?)チョッパー。
・・・ってか、大丈夫か?!(笑)新世界で大丈夫なのか?!(苦笑)

“動物”カテゴリである彼にとって、人間の顔は見分けにくいものなのか。しかし、匂いで分かるだろ?武器である嗅覚が衰えてしまったのか?!!と、初っ端からハラハラさせてくれますが、これはアレかな、一種の可愛さアピール兼ギャグのつもりなのかなぁ〜〜。
実はワタシは、『マスコットキャラとしてのチョッパー』には、ちょっぴり反感を覚えてしまう人なのです。いや、可愛いけどね、可愛いけど、でもやっぱりチョッパーの本懐は、「おれはトナカイだ、トナカイだけど・・・男だ!!」と叫んで冒険の海へと飛び込んだ、その意気地にあると思うんです。もっとこうドーン!!と、「漢チョッパー二年間一人で頑張り通した!!」という気概が伝わる登場を期待してしまっていたり・・・。ワタクシの趣向が世間様とズレているのかな。

うん、でもまぁ、相変わらず可愛くて良かった良かった、うんうん。以前のトレードマーク帽子の上に、バフンと被せてある格好いい帽も似合ってる。


と、今週での登場がおあずけになったのは、剣士と変態・・・もといサイボーグ兄さんですね。
表紙で先に、その姿を披露してくれていますので、それを見ての感想をば。


ゾロに何と“ヤムチャ傷”が!!
傷はいいけど、片目を瞑っているのは何なの?ウインクなの?それとも隻眼になっちまったの?!
過酷な戦いを経て、傷跡を得たり身体機能の一部が失われてしまったりするのは、それは仕方ない事だと思うけれど、二年の修行を経て久しぶりに登場したら、隻眼になってましたというのは、それはちょっとショックだぞ。ガーン。
あの鷹の目のミホークに師事していたのだから、まともな身体のままその修行場からは戻れなかったのかもしれないけれど、今まで散々得ていた大怪我を毎度キレイサッパリ完治させておきながら、紙面に出てこないエピソードの中で「片目無くなってました〜」って、切ないからね!!
あ、そっか、阿修羅モードになれば目が増えるから(@戦闘時)問題ないか(無いのか?!!)


フランキー兄さんは・・・でかっ!!でかいよ!!
ラボ大破時に、ボロボロになったであろう兄さんの顔面を含め、全身整形して登場してくるであろう予想はしていましたが、まさかこんなに大きくなっちまうとは・・・。育ったな・・・(違)

色々飛び道具が飛び出してきそうで、ルフィは大喜びでしょうね(笑)
ここまで大きいガタイですが、やっぱり動力はコーラでいいのでしょうか?どんだけコーラ消費するんだか。そのコーラのチャージ状況が窺えていた、兄さんの前髪が、サッパリと刈り落されております。前髪っつーか、髪丸々ナイヨ?!!
どこか軽めのヤンキーな雰囲気が薄れ、なんだか厳つさばかりが残った今回の変身ですが、まぁ彼の場合は、まだまだ改造の余地があるからな(笑)


ゾロとフランキー、本編での登場が待たれます。ゾロに関しては、シャボンディ諸島一番乗りって辺りも、大きな変化です。サンジの言う通り、新世界編は荒れそうだ(笑)








「二年経ってこんなに変わっちまったよ〜〜」的インパクトは、銀魂のアレに全てもっていかれちゃったな。
| 漫画・アニメ・ワンピース | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM