<< サンリオピューロランド | main | 秋めぐり >>

ジャンプ41号感想なぞを・・・

ワンピ休載中のこの機会に、他のジャンプ漫画の感想なぞ、一言二言づつですが綴ってみます。

ワンピのように読み込んでいる訳ではないので、記憶違い勘違いなど多々あるかと思われ。
簡潔に綴ろうと意識したせいか、なんだかエラソーな口調になっています。ごめんなさい。別に上から目線で漫画読んでいる訳ではありませぬ。
また、スルーしている作品も多いので、その辺ご容赦をば。看板漫画をあんまり読んでないんだよなー。ブリーチとか。


それでは続きを読むからドゾー。


【エグニマ】(新連載)
ジャンプにしては異色作かな。期待できる新連載かと。
主人公に好感が持てるのがいい。
絵も上手いし綺麗で見やすいけれど、人物の表情が硬いのが惜しいなぁ。これは連載が進めばもっと自然になっていくかな。
不可抗力的に「デスノート」の連載第一回目と比較してしまうけれど、あちらと比べるとどうしても、設定説明のモノローグや人物のセリフが、もう一つ安っぽく感じてしまう。でもこの辺りも経験値を積めば変わっていきそう。軌道に乗るまでは、ちょっと温かい目で見守ってあげてほしい(←誰に対して言っているのだ?!)

主人公の母さんが、ランコムちっくな高級化粧品を使っているのに、ちょっとジェラシー感じた(笑)


【ナルト】
ナルト父母がナルトの為に命を掛けたエピソードでマジ泣きして以降、ちゃんと毎週読むようにしているのですが、なんせ今までてんで読んでいなかったので全く話についていけず、そろそろギブアップ。ごめ。


【バクマン】
多分ジャンプの中ではかなり好きな漫画。なんだけど、コミックスを買いたいとは思わないし前の話数を読み返す事も殆どナイ。
週単位で、サクサクと進んでいく話を臨場感を味わいつつ楽しめるのが、この作品のいいトコロ。
かつて漫画絵を描いていた自分は、サイコーが“絵”のそして“漫画”の技術を高めようと切磋する姿にしばし感動する。が、今週号のあまりにも電波なカップルっぷりには、さすがにドン引いた(苦笑)
序盤のストーリーを忘れてしまっているので、アニメが楽しみ(何て言い草だ)


【保健室の死神】
セリフ回しなんかがちょこちょこ面白いんだけど、一話全体を通して「今回は面白かったー!」って言える回が殆ど無いのは何故なんだ。
ギャグ漫画ではないから“オチ”は要らないのかもしれないけれど、それにしても一つのストーリーに対してそれなりの落し所を付けて欲しい。いつもモヤモヤする。話の途中で、こちらが身を乗り出した途端に、「はい、お終いですけど、何か?」と言われるような感じ。

作中で様々な学校行事が出てくるのは楽しい。今回は数話連続物になるようだけれど、校長先生にみのりちゃん、そして鈍ちゃんと、豪華キャストを揃えた今話、今度こそスッキリ満足出来るラストを期待する。

すごく絵が上手い漫画家さんだと、最近やっと気付いた(あ、あれ?)


【スケット・ダンス】
ギャグの感覚が私とは全く合わないのか、いつも読後に不快感が残るのですが、女の子キャラが絵的に可愛いから、厄介厄介。(つい読んじゃう)


【めだかボックス】
実は、バトル漫画として結構楽しんで読んでマス。
強敵に対峙する際の絶望感とか、その敵に勝利した時の爽快感なんかを、マットウに楽しめる漫画だと思うんだけど。絵がオタクっぽいから、もう一つ一般受けしないのかなー?ってか、主人公めだかちゃんのバトルがいつも一番面白くないのが問題なのか?(苦笑)
善吉vs球磨川が、どんなバトルになるのか楽しみ。・・・勝負になるのか?前座扱い?


【逢魔ケ刻動物園】
こういう作品好きなんだけど、厳しい状況になってキタかな?(汗)
すごい上手いけれど地味な印象の絵も、“動物園”という限定された舞台の中のみで展開される地味なストーリーも、いい味出していると思うんだけどなぁ(誉めてます)
狂言回し役の華ちゃんが、もう一癖あるコだったら(「リリエンタール」のテツコみたいに)、作品の魅力がUPしたかなと、その点残念。
敵役が登場して、熱いバトルの気配がしてきました。結局ジャンプ的バトル展開か・・・と落胆しなくもないけれど、これで何とか盛り返して欲しいなぁ。


【PSYREN】
ジャンプWEBサイトで4話まで無料お試し読み出来た。めちゃめちゃ面白いんですけど。急いでブックオフに駆け込み、とりあえず棚にある分だけ読んでミタ。(いや・・・フツーに全巻買えば?大人なんだから)
練り込まれたストーリーも、多彩なキャラも、魅力的でいい!!個人的に病んでるヒロイン雨宮さんが好きだ。
ただ、バトル描写がお世辞にも上手くないのが、何とも残念。他の部分が飛びぬけてよくても、バトルが描けなきゃアクションものとしては致命的。

今週の祭さんのバトルも、「自分のペースに引きずり込むリズム」「人の心を呑み込む異彩の感性」とやらが、画面上から全く伝わってこない。痛恨!!

ストーリー的に、クライマックス近いのかな? 掲載順位を鑑みて、作者の当初の構想を削って展開しているように思える・・・。
難敵キャラが結構サクサクと片付けられている上、朧のような一枚裏がありそうなキャラもサックリ退場となり、色々と残念。でも出来る限り円満ラストを迎えられますように。


【メタリカメタリカ】
連載開始時は、応援したい気持ち一杯で読んでおりましたが、次第に「これ無理」と(苦笑) シノさんのお色気にほだされて辛うじて読んでおりました。
ラストの数年後の冒険姿は、ナカナカ興味深かった。むしろこの展開をちゃんと本編で見たかった。
しかし、最後までなんだか「ダイの大冒険」を彷彿とさせる古臭さが付きまとったなぁ。
(ダイの大冒険をくさすつもりは全くありません。あの時代はあの作品のクラッシックな雰囲気が輝いていたのだ)
ともかく、お疲れ様でした。


ここまで綴って、今週、いぬまるくんを読み飛ばしていたのに気付いた。
んじゃちょっと読んできます〜。(おい)
| 漫画・アニメ・ワンピース | 13:58 | comments(0) | - | - | - |
Comment










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM