<< 「STRONG WORLD」 DVD | main | 豊かな生活 >>

ワンピース597話 感想

『ワンピース次週から4週連続で休載』というのが、今週のジャンプで一番大きな衝撃だったのですが、しかし13年も週刊連載続け、更にコミックスにも色々ファンサービス描き下ろすなど、やたら勤勉な尾田っちが、やっと休めるのが一ヶ月間かと思うと、短いような気もする・・・。

益々スケールが大きくなるであろう新章に向けて、気力体力十分に満ちるよう、ゆっくり休息して下さい尾田っち。


休載中に、シャボンディ諸島編辺りからの展開、もう一度読み返しておさらいしておきますかね〜。

そんなこんなで、
ワンピース597話感想です。

続きを読むからドゾー。


ルフィから仲間に向けて発せられたメッセージ。
ファンの中でも様々に勘ぐられましたが、蓋を開けてみれば意外とシンプルでした。要所はタトゥーの部分だけだったのね。(タトゥーっていうか、その後消えてしまっているので、書いてただけかな)
それにしては、その肝心のタトゥーに刻まれた文字が、新聞写真では読み取り難いのですが・・・。仲間達は、よく読み取れたなぁ。

具体的なメッセージは「2年後に集合」とただそれだけ。しかし仲間達は、ルフィはその2年間の間を、更なる高みを目指す為の準備期間に充てるつもりなのだと、ちゃんと正確に察する。
正直、ウソップが奮起する様子などから、もっと明確な「おれ達もっと強くなろうぜ!!」というメッセージが込められているのではないかと深読みしていました。なので、本編で明かされていないエピソードが、後語りで挿話されるのではないかと予想していたのです。オックスベルだの16点鐘だのはフェイクだろうとは思っていましたが、それにしてもただ『3D(×)2Y』とだけのシンプルなメッセージだとは思わなかった。
ただそれだけのメッセージからルフィの意図を正確に察せられる、麦わらチームの阿吽の呼吸はすごいなぁと、改めてその団結力に感動しつつも、その彼らをずっと追ってきた読者ながら、今回ちょっと蚊帳の外に置いてきぼりにされたコチラの立場的には、少々拍子抜けした感も否めない(苦笑)

それはともかく・・・プライドを捨てミホークに教えを請うゾロに、今までとは違った格好良さをみました。
ミホークから投げられる侮蔑の言葉が心に食い込むであろうのは勿論、ゾロ自身が「今の自分ではミホークに適わない」と認めざるを得ない事も、血反吐を吐くほど辛いでしょう。しかしその“個人的な”プライドを守る事など捨て去れるほど、来るべき未来にルフィを支え得る力を身に付けたいという想いが強いのかと、ちょっと感動した。ゾロってなんとなく、一匹狼でもやっていけそうな性質のように思えるのですが、その反面、帰属意識も強いんだよなぁ。まぁ船長がルフィだから特別なのでしょうが、それにしてもゾロのような自尊心の強い男が、その一方で“我”を捨てて一つのチームに身を捧げられる一面をも持っている、そしてその両方が彼の中では矛盾せず一つの論理として確立していそうな、そのゾロ哲学が格好いい。
そう言えば、サンジも、更なる力を得る為に自尊心をかなぐり捨てたという点ではゾロと同様なのに、どうしてもお笑いが入ってしまうのがサンジのキャラというか運命なのでしょうね。いや、そういうトコが好きだけど(笑)

−−流れで面倒見る役になっちゃってるペローナちゃんが、気の毒なんだけど(笑)ゾロもミホークも双方とも、ペローナちゃんのペース全く無視なので、すんごい居心地悪そうなんだけど、何で慣れ合っちゃってるんだか(笑)意外とお人よしなペローナちゃん、かわゆすv


さて、ルフィ。
ストロングワールド的な島で、みっちり2年の修行入り。食料は自然の中で自給が原則のようですが、九蛇海賊団のマーク入り水筒を持たされているのがご愛嬌。ハンコックの愛ですな〜(笑)

覇気についての説明が一通りなされて、読者としてのモヤモヤが一つ解消されました。とりあえず3種類なのね、良かった。『云々色』を何種類も出されると、ちょっと引く(笑) どちらにしろ、新世界では、“悪魔の実”以上に“覇気”が、戦闘面での重要ポイントになってきそうですね。
しかし、ちょっと待って、覇王色って、3つの覇気の中では一番要らないんですけれど(笑) 強敵相手には間違いなく効かないしっ。(海軍大将なんかを覇王色の覇気でノックアウトしたら、ちょっと怒っちゃうよワタシ)
「お待たせしました主人公〜」とばかりに、戦場に乗り込む際の演出には、恰好ですけれどね(笑)


さて次回は、再集結の2年後まで、一気に年月が経過するのでしょうか。
しかし、猛者どもが我も我もと乗り込んで行った新世界が、2年もの間穏やかであろうハズがない。その辺りが描かれるという可能性もありますよね。結局バギー宛に来た書面の内容も分からないままだしね〜。(七武海への勧誘というのが最有力でしょうが、七武海なんて実質上既に無価値じゃないのかなぁ)
2年後の麦わらチームの出立ちが、どのようになっているのか、楽しみなような、変わってしまうのが寂しいような・・・。
ナミさん20歳か・・・少女の面影が全く無くなってしまったら、ちょっと寂しいカモ。永遠に可愛さとセクシーさが同居する女性であって欲しい。多分尾田っちの趣味もその辺りだろうから、大丈夫だとは思うけれど。
チョッパーも、年齢的に「子供」とは言えない歳になるけど、どうなるでしょうね。あ、ブルックさんは2年ごときでは外見的変化は無いかもしれませんね(笑)

4週間後は、多分きっと巻頭カラーで再開となるでしょう。そのカラー絵は新生麦わらチーム絵かなぁ?表紙でネタバレはしないかなぁ?
などなど、妄想しつつ、一ヶ月間過ごすのであります〜。


| 漫画・アニメ・ワンピース | 14:38 | comments(0) | - | - | - |
Comment










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM