<< ワンピース592話感想 | main | ワンピース 593話感想 >>

【プラネタリウム番組】銀河鉄道の夜

「月夜でないよ。銀河だから光るんだよ」


先の記事でチラリと「“プラネタリウム・銀河鉄道の夜”を観に行きたい!」と書きましたが。
市内で上映している所があったので、観に行っちゃいました。
ドーターは、お昼寝の寝かしつけをした後、こっちに滞在中の実母にみてもらい、その隙にちょっぴり“お母さんの夏休み”させてもらっちゃいましたよ。何かいつもこんなんでスンマセン・・・。

プラネタリウムなんて、ドーターがも少し大きくなる数年先まで行かれないだろうと思っていたから、予想外のリフレッシュタイムはエキサイティングなひと時でした♪ (いや、普通のプラネタリウム番組とは違うプログラムですけれど)
市内でやっていたからこそ、行けたんですけどね〜、ラッキーだったな。
そこは、市営の子供向け科学館。ですが、プラネタリウム用の半円ドームがウリになっており、なかなかの設備なのです。
『銀河鉄道の夜』は、数年前に池袋サンシャインシティで観た事があり、今回は2度目。
しかし、スクリーンが大き過ぎて、視点を何処に定めればよいのかと始終キョロキョロしていたサンシャインシティでの観覧より、今回のこじんまりとしたスクリーンでの観覧の方が、作品世界に没頭出来て良かったです。
また、サンシャインシティで観た時は、原作の雰囲気の再現に期待をし過ぎていたせいか、何かと粗探しをしてしまい少々不満を覚えたりもしたのですが(苦笑)、今回は、ただそこに広がる美しい風景を純粋に感受したいと力を抜いて臨んだ為か、どっぷりじっくり楽しめました。三角標が光る野を遠景に、天の川岸辺を走る銀河列車・・・視界の上下左右に広がる美しい風景に鳥肌が立ちました。

進歩の早いCG技術。現在の可能域を考えると少々レガシーな印象を受ける部分もありますが、デジタルアーティストKAGAYA氏の光輝く作品世界と、宮沢賢治の原作が持つ透明感を、製作当時持てる技術の粋を集めて再現させた秀作だと思います。
とにかく、美しかった。まぼろの風景に酔いしれた。
なんつーても、180度スクリーンの迫力はハンパじゃないです。正面に車窓から見える天の川と光る野が描き出されているとしましょう。観覧者は列車内から外を眺めている視点です。その時、頭を左右に向けると、そこにはちゃんと列車内の様子が描写されているのです。
主人公ジョバンニと同じ視点になったり、列車と並走する鳥達の視点であるかのような鳥瞰図になったり、線路脇に咲くりんどうの花陰から走り過ぎる列車を眺めたりと、めくるめく眺望は圧巻でした。


原作の方を思い返すと、こんな風に光り輝く、美を尽くしたような岸辺を走る夢の列車に乗りながらも、主人公のジョバンニの心中は、親友カンパネルラやその他同乗者の行動や言動に、イライラしたり悲しい気持ちになったり、鼓舞され歓喜したりと忙しい。
目に見える風景が美しければ美しいほど、そのような夢の世界に於いても、人はそれらの感情からはおいそれと解脱出来ないものなのかと、物悲しくなり、そして愛おしくなる。
宮沢賢治の作品世界は、御伽噺のような美しさと優しさだけで構成されているのではなく、その奥に猛々しさや一種の冷たい怜悧さ、現実感が流れている。その部分を、このプロネタリウム作品から感じるのは難しい。その点が少々残念なのですが、まぁその部分の再現を要望するのがそもそも無理難題でしょうね。


ちなみに。
同時上映で、7年に渡る宇宙旅行の果てに、つい先月地球に帰還した『探索機ハヤブサ』の、ドキュメンタリー風CGストーリーを投影していました。こちらも面白かった。
子供向けな為か、太陽風を利用したバランス制御や、帰還途中の技術系トラブル&それを乗り越えた技術者達の情熱については、あまり触れられなかったのが少々物足りなかったのですが、それでも、子供達に刺激を与えるに十分な、エキサイティングな作品でした。
後ろの席に座っていた小学生男子連中が、始終「すげぇ!!すげぇ!」と、堪えきれぬ歓声を放っていました。一生懸命声を抑えようとしているのが健気だった(微笑み)


そう、そもそも子供向きのパビリオンである上、夏休みに突入しているので、とてもじゃないが静かには鑑賞出来ないだろうと覚悟していたのですが、思いの外、静かでした。皆いいこだな〜。
元々科学に興味のあるコ達が来ているのか、それとも館内を巡る内に興味が芽生えたのか、熱心に鑑賞しているコが殆どでした。
客層は、子供グループがメインながら、カップルも少々。そして「オレ、科学好きやねん」的オタクオーラを放つオニイチャン、オジチャンが、ちらほらと・・・(笑)
まぁ、一人で来てる妙齢女も大概だと思いますが。ドンマイ!!


ともかく・・・。
楽しめた。感動した。
今夜は、映像を脳内再生しながら眠りにつきたいです。
おやすみなさい。
| I Love ♪ | 23:46 | comments(0) | - | - | - |
Comment










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM