<< 世界は万華鏡(詩的なタイトル☆) | main | 初挑戦シフォンケーキ >>

重い話題

今回は、重い話題な上に、私の中で答えが出ていない問題なので、趣旨がぼやけて支離滅裂な文章になっている点、ご了承下さい。

脳死を「人の死」とすることを前提に、現行では禁止されている15歳未満からの臓器提供を可能とすることを柱とした臓器移植法改正案(A案)が、衆議院で可決されたとの事。
参議院での採決の結果or衆議院解散時期次第で、未だ廃案になる可能性もあるようですが、政治的観点はちょっと横に置いておいて、この法案自体について、思うところを綴ってみます。言いたい事それ自体が頭の中で纏まっていないので、書き散らかしになりますが。

臓器移植を望む患者さん及びご家族の多くが、その希望を適える為に、莫大な資金を調達した上で海外へ渡航することを余儀なくされている現在、国内でのドナー提供者を増やす取り組みは不可欠かと思います。
しかしそこには、“脳死を人の死とみるか否か”という、倫理的な問題の解決をしなくてはいけません。
思想・宗教の自由が(法的に)認められているわが国に於いて、個人が持つ人生観の中で重大な思想の一つである“死”について、法律によって一律“脳死は人の死だ”と定義される事に、抵抗感がある人も多いと思います。
そもそも臓器移植に拠る延命を、「エゴだ」とする意見もあるようです。

もしも、自分自身が脳死状態になったとしたら・・・。家族の人生を巻き込む事を考えると、延命はしないで欲しいと思います。臓器提供して、その臓器で生きる命があるのなら、それでいいなと。そう思いつつも、ドナーカードは持っておりませんが。

そう、自分自身や、自分より先に逝くのが順当な親が万が一そうなった場合は、「この体でお役に立てるのなら」と諦められるかもしれません。(実際にその段にならないと分かりませんが) 勿論、今だ温かい体のままでいる大切な人の命を、諦めるのは、とてつもない苦渋の決断だと想像しますが。
そして、その状態になったのが、もし万が一、我が子だった場合、どうでしょう。
私は・・・とても諦めきれないと思います・・・。
この法案が可決される前に、ドナーの提供を希望するお子様を持つ親と、脳死に近い状態のお子様を持つ親の、法案に対する想いを報道した番組がありました。
ほぼ脳死状態と宣告されながら、成長を続けるそのお子さん。髪の毛が伸び、身長も体重も増え続けているといいます。その血肉を感じつつ、子の命を諦める事なんて、親として到底出来そうにありません。

一方、臓器移植手術に望みを繋ぐご家族の気持ちも、痛い程分かります。
他人に「エゴだ」と言われようと何でも、我が子の命が助かる可能性があるのなら、出来る限りの手を尽くすと思います。
15歳以下の子供の臓器提供が法律で禁じられている現在、海外での手術を余儀なくされている訳ですが、その際、「脳死状態になった、海外の子供」が居り、その子からの提供を受けている事を、直視せねばなりません。外国での事だから“どこか遠い話と思える”では、到底済まされません。

また、現実を見据えるのはあまりにも辛いですが、親によって凄惨な境遇に置かれている子供も居る事実を、もう一度考える必要もありますよね。考えるだに胃がムカムカしますが、我が子を臓器提供者とする為に・・・。
ごめんなさい、とても打鍵できません。


臓器移植という大きな問題について、「今だ議論がし尽くされていない」という意見も聞きます。時期尚早だと。
しかし、ドナー提供を待ち侘びておられるご家族からすれば、時期尚早どころか遅すぎるくらいでしょう。
この“議論”が、どの場に於ける議論なのかは分かりかねますが、『見識者による議論』ならば、この改正法案が論議される前に十分練られるよう、手配するのが政治だと思うのですが、その辺り、どうなってるんだろう。
そして、この“論議”の場が、『一般の国民の間での議論』という意味ならば、論議し尽くされる日なんて永久に来ないと思います。

某大手サイトによる「育児中ママさん達のお喋り・相談広場」を覗いていて感じたのですが、日本人の心には、多かれ少なかれ“言霊信仰”が根付いているのですね。
不吉な想定による話題は、とてつもなく嫌がられます。
「もしも自分の子供が・・・」などと口にすれば、その言葉は力を持ち、現実に具現化する。無神論者が殆どであろう現代日本。(家に仏壇があるのは割と普通でしょうが、強い信仰心を持っている方は、割合としては少数かと思います) それでも、“言霊”の持つ力に畏怖を感じる人ば多いのは、土地の血でしょうか。
(横道にそれますが、言葉の持つ力については、私も信じる部分があります。霊的なものとしてではなく、人間の心理に働きかけるものとして、ですが。それについて述べると、また長くなるので避けますが)

かく言う私も、この記事で、「万が一我が子が」と打鍵する時に、躊躇を覚えました。
2chなどの特殊な掲示板ではともかくとして、ネット上・ネット外問わず、一般国民の間での議論が尽くされるのを待つというのは、気の遠くなる話でしょう。
私のように、「脳死になったら臓器提供してもいいと思ってはいるけれど、ドナーカードは持っていない」という人が大多数であろう現実、政治の力でごり押しするのも、やむを得ないとも思いますし・・・。

この法案が参議院で採決されたら、皆もう少し本腰入れて考え始めるでしょうか。


纏めの言葉を思いつかないので、冒頭での宣言通り、書き散らかしで終わりますが、最後に関係ない余談。

上に揚げた某大手ママさんサイトで、政治の話題を出した人に対して、「公の場で政治の話しをするのはタブーですよ!!」と、誹謗の嵐がおきて、びっくりした。私はROM専ですが。
そうか、あそこは、よーするに、公園ママさんの井戸端会議の延長なんだ。
| 考える葦 | 16:31 | comments(4) | - | - | - |
Comment
論点がずれているかもしれませんが・・・
日本の良いところっていうのは、「意志が尊重される」ということだと思います。

この法案が、「脳死と判定されたなら、家族の感情を無視して、移植決定!」っていうのなら、反論もするのでしょうが・・・(苦笑)

幸いにも、臓器を提供するか否かは、本人もしくは家族の意志が尊重されるわけですから・・・その点においては、自分のまたは家族の意志さえしっかりしていれば、問題ないというか・・・

基本的人権を尊重される日本万歳(笑)

脳死と脳死と認めたくなければ、臓器提供しなければいい。いかに入院費がかかろうと、髪が伸び、成長していく子供を見守ればいいのではないか??というのは、極論すぎますかねぇ・・・

その時に、この子に未来は無いと決断し、(それは苦渋の選択だと思いますが)わが子の臓器が、見知らぬ誰かの命を救うなら・・・そこに、わが子の命を繋ぐ思いで、臓器提供すればいい。

その選択の自由があることが、今の日本の良いところなんだと思います。

・・・政治的にはどうなのかな??(笑)

まぁ、個人的には、わが子が(もしくは自分が)臓器提供する側になるのか、される側になるのか、わからない状態として、選択肢が増えることは、歓迎しています。

閑話休題

洋ナシの缶詰を、シロップごと冷凍します。
(パイナップルでも可)なるべく平らに冷凍するといいです。
凍ったら、シロップなので、簡単にザクザクと切れますから、まな板の上で一口大に。

フープロに凍った一口大の缶詰を入れて、スイッチオン!!
滑らかになったら、それは、洋梨シャーベット!!!
缶詰とは思えないリッチなジェラートですので、ぜひお試しくださいませ!!
2009/06/20 3:23 AM, from Pぅ
Pぅさん、ようこそですv
レスが遅れて申し訳ない。
こういう話題に反応もらえると嬉しい!!ありがとうございます〜。

他人の意思を尊重しようという道徳的指導には熱心だし、多くの人がそう心得ているでしょうけれど、自分の意思を尊重し主張する事については、どうだろう。あまり上手くないと思うんですけど、日本人。

そもそも、「臓器移植されるorする」という立場になったら、自分は如何なる決断をするのか、確固たる意思を持っている人は、どの程度いるのでしょうか。
法案が可決された暁には、家族で互いの意思を確認しておかなくては、いけないですね。目を背けてる場合じゃない。
こうやって追い込まれないと、まともに思考しない人も多いから(私含めて)、ゴリ押しで法案通すのも、やむを得ない部分があるんだよなぁ、という事を、一番言いたかった気がする(気がするて何やねん)

ところで、今思ったのですが、法的に「脳死は人の死」と定められたら、脳死後に医療処置がとられることって有るんでしょうか? だって、法的には“死体”になってるんでしょ?
家族の意向があれば、それでも延命治療が続行されるのでしょうか。それとも、『脳死になったらそれでもう医療行為は終わるけれど、その臓器を取り出すか、或いは取り出さないかの判断は、家族の意向に沿う』という事になるのでしょうか?
(ググります・・・)これって、大きな違いだけど、あんまり説明されていないような・・・。


これからの時期、冷たいオヤツはいいですね〜v
私も、バナナを凍らせて、それをそのままガリガリとフープロで削って食べています。
缶詰のフルーツもいいですね〜!!洋梨大好きなので、ジェラートが自宅で作れるなんて、すんごい幸せv 今度絶対に作ってみますね!!

どうもありがとうございましたv
2009/06/22 1:17 PM, from ますみ
脳死後の治療行為については、私もよくわかりませんが、法的に脳死=人の死ということが、一般的になったあとは、保険診療制度の改定とかが行われるのではないかしら???

要するに、病院との合意との上で、自由診療での治療を行うのは、個人の自由だが、国民の負担としての、保険診療はしてあげないよ!的な感じが、法律としての整合性があるとは思います。

ただ、実際にそれが運用されるまでには、国民の感情とか、タイムラグとかがあるとは思いますが・・・

そういうところ、一般市民には、よくわかりませんよね〜〜〜

シフォンケーキ成功おめでとうございます!
この間、堂島ロールのレシピもらって作ってみたら、こちらも簡単で美味しかったですよ〜〜〜
2009/06/24 9:34 PM, from Pぅ
Pぅさん、ようこそですv

脳死=人の死とするか否かについては、膨らみ続ける国家予算に於ける医療費についての問題も、絡んできているのかな?と感じます。
Pぅさんがおっしゃるように、脳死=人の死と法的に定められたとしたら、脳死状態の人の延命処置については、全額自己負担となりそうですよね。
もし法的にそうなったとしたら、民間の保険会社で、脳死保険とか出来そうですね。どうなんだろ。
ともかく、選択肢として選べる道は、各種残されそうではありますね。個々がこの問題について、深く考える必要があると思いますが。
国民感情って、何だかんだ言って、「マスコミ感情」とイコールになっちゃうんだよな〜(苦笑) マスコミって、何でああ、「我等が国民の意思を具現化している」みたいな顔するんだろ。


堂島ロール、いいですね〜vほわわんv
一応まだ授乳中のわたしが、あの生クリームの量のスイーツ食べると、ちょっとマズい事になりそうですが(笑)出来る事なら、恵方巻きのノリで一本食べてみたいものです。うむ。
実は少し前に、ロールケーキ(普通の)も作ってみましたが、こちらは微妙な出来でした(苦笑) が、頑張ります。

どうもありがとうございましたv
2009/06/25 1:15 PM, from ますみ










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM