<< 短時間も積もれば長時間 | main | 重い話題 >>

世界は万華鏡(詩的なタイトル☆)

ダンナが漫画『BASTARD!!』の最新刊を買ってキタ。
私も大昔は読んでいたけれど、今だにコミック買ってるダンナは、すごいと思う。(しつこいとも言う)

が、しかし、今回の記事は漫画の話ではないのです。
カバー見返しの作者コメントに共感したので、それについて少し。

見返しコメ及び後書きによると、作者の萩原一至さんに娘さんが誕生したとの事(おめでとうございますv)
以下作者コメントそのまま転載です。

子供が生まれてすぐに
わかった事があるのです。
ドラマとか聴いていて
今までスルーだったポイントが
すっごく効いてくるのです。
考えてみれば
子供がいる人が作った物って
すっごい多いはずですよね。
そーか・・・今までは半分ぐらいしか
聴けて見れてなかったのか・・・
音楽もニュースもオッサンの
ハゲ頭も、世界には
もうひとつの意味が
あったんだ・・・


私も同感です。人生三十数年、分かっていなかった事がまだまだ有ったなんてと、驚きました。
自分の内部に新たに生じた概念を正確に説明するのは難しいのですが、“目には見えていても、その意味を理解出来ていなかった事、もしくは理解しようと思考することすらしていなかった事が、数多く有ったのに気付いた”とでも言いましょうか。世界って、色んな側面を持っていて、立ち居地を変えないと見えない部分があるんだなぁって。

掴みどころ無さすぎな説明なので、カテゴリを狭くして言えば、それこそまぁ、ドラマを観ていて、子供と親が出てきたら、今までは子供側の立場からしか見えなかった場面が、双方の立場から見え、考えられるようになった、とかね。
勿論産む前だって、親の立場を「こんなカンジかなぁ」と想像する事は出来るし、ドラマ観る上ではその想像で充分なのですが、いざ産んだ後だとやっぱり「心への効き方が違うわ〜」と思う事が多くなったのは確かです。


誤解の無いように言っておきますが、別に子供を持ったから視野が広くなったとか、持たないからどうかということを述べたいのではありません。
子供を持ったことにより、諦めた事も多いし、見えなくなった事だって沢山ある。
ただ、世界は確かに、万華鏡のように、ちょっと角度を変えると見え方がどんどん変わっていくものだというのに、気付いたと。それはやっぱり嬉しい発見なのでした。

とは言ってもね。
例えばの話、宇宙飛行士さんから「宇宙から眺める地球は最高だよ、君!人生観変わるよ!人間一度は、アレ見るべきだね!」と言われたとします。
そりゃ、見ないよりは見た方が、人生豊かになるでしょうが、その為に費やさねばならない時間と努力、捨てねばならないモロモロとを量りにかけると、大部分の人は、「いや〜本と、見れるなら見てみたいケドね〜」と苦笑いするしかないでしょう。
登山家さんから「オレはエベレストの山頂の景色を見て、非常に多くの事を学んだね!!人生に必要な経験だよアレは」と言われても、「よっしゃそれじゃいっちょ、自分も登ってみるか」と即座に動き出す人も、稀でしょう。


世の中には、固定されがちな思考回路を、劇的に変化させる、そのきっかけとなりうる出来事が、多々存在しているのです。
そしてその中の一つを選ぶと、他方を捨てねばならない事も多い。
それでも人は、道程で、何かを拾い、その為に何かを諦めていかなければならない訳で・・・。拾って得たものと、諦めたものをと量りにかけて、得たものの方がより喜びに満ちていたら、その人生は幸せなのかもね。

まぁ、くどくどうざったい事を述べましたが・・・(笑)

そんな訳で、萩原氏のコメントに大いに共感しつつも、『半分くらいしか見れてなかった』という部分には、「いや“半分以上”見れてなかったハズだよ」と突っ込みを入れたい気持ちです(笑)
それに、同じ子供を得るにしても、男性と、産んだ女性とでは、やっぱりまた見えるものが違うと思いますしね。(しつこく念を押しますが、どちらが偉いという話ではないです)


かく言うワタクシ。
娘を得たおかげで、かつては自身の一部と感じていたことさえある“お絵描き”を、全く出来ないという悲しい現在を生きています(笑)
娘>>>>>>>>>お絵描き になっちゃってるからだけどね。
せめて、いつかまた絵を描く機会が巡ってきたその時は、娘を得た事によって生じた新しい概念を、そこはかとなく表現出来たらいいなぁなんてね。
| 考える葦 | 15:10 | comments(0) | - | - | - |
Comment










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM