GWヨコハマ一人散歩

ヨコハマを一人歩きしてきました。

ダンナが「一泊くらいなら子供置いて出掛けてきてもいいよ」と言い出したのがGW直前。
先日、京都一人旅行してきたのの埋め合わせのつもりらしいw

うわーい♪どこに行こうかなぁと僥倖に浮かれるも、“ここに行きたい!”という具体的な案が浮かばない・・・。
子供第一の生活に浸りきっている為か、自分自身への欲求って極端に弱いんだ、最近w
とりあえず都内のシティホテルにでも泊まってエステやら食事やらを楽しもうかと、何点か空室を当たってみるも、この時期に女一人客の予約がそれなりのお手頃価格でとれる訳はなく・・・。
11か月乳児の息子の夜泣きも気になるし、「別に泊まりまでしなくていいや」と早々に諦めてw丸々一日横浜を散歩するというプランに切り替えた。母だなぁ我ながらw


独身時代から好きだった街、横浜。いやここはあえて「ヨコハマ」とカタカナ表記でいきましょうw
かつては片道2時間半ほど掛かるその距離も苦にならず、ちょくちょく遊びに訪れておりました。
今の住居からは玄関先から勘定しても一時間ほどで着く街ですが、なんと遠く感じる事かw

早朝から身支度を整え気合十分。久しぶりに取り出してきたアクセサリーを身につけ、意気揚々とまずは「みなとみらい」へ向かう。

クイーンズスクエア等の各店舗が開く前の時間帯、カフェでゆっくり朝食を摂っていると、ただそれだけで日常を抜け出して別世界へ来たような気分。何という解放感!!
それでも、娘や息子と同じ位の背格好の子供を見かけると、つい目で追ってしまうのは、母親の性かw

その後、横浜美術館へ。
美術館!!このような場所へ再び来られるとは!!
かつて“お絵描き”をしきりにしていた時代に、積極的に足を運んでいた美術館。だが、その頃は作品を鑑賞する際に、どうしても「自身の創作意欲をかきたてる為の火種にしたい」とか「アイディアを参考にしたい」という下心(?)を伴っていた。
そういうある種のイヤラシサが無くなった今、なんというか・・・すごく純粋に“鑑賞すること”を楽しめるようになっていて、予想以上にエキサイトした。
GWにもかかわらず、入場客が少なく(恐らく企画展の方へ人が集中したのだと思われ)マイペースで廻れた事も幸いだった。ニンマリしたり、思わず「うおぁ」と呟いたり、ため息をついたりしながら、たっぷり2時間楽しんだ♪

美術館を出た後に眺める景色は、ビルも橋も人混みも工事現場さえも、全てがアートに見える不思議w
日常とのあまりに大きなギャップのせいか、何だか足元がフワフワとする心地。
そのフワフワウキウキする心地のまま、クイーンズスクエア→赤レンガ倉庫→港の見える丘公園→外国人墓地→元町と、各所を周遊する。
そして締めは中華街で夕食。
ヨコハマの様々な角度の顔を堪能しました。ぷはぁお腹いっぱい♪

各場所とも別に初めて訪れた場所ではないのに(ってか独身時代に散々遊びまわった地です)、全てが新鮮に映って、足がどんどん前に進んでいったのでした。

ちょっと切なかったのは、元町。 寂れてしまった感がたまらない・・。
やたらブームだった時代とは比べようもなくとも、もう少し活気がある通りかと期待していたのだが、『オワコン感』が満ちていて居たたまれなかった。GWでこれか?!
(あれもこれもやたらと“オワコン”という言葉で決めつけるのは、自分はあまり好きではないのだが、ここではあえて)
そう言えば中華街も、GWにしては人出が少なかったような・・・。
都内の方に新スポットが続出しているので(渋谷ヒカリエとか)、こちらは人の流れが少なくなっているのかなぁー。
まぁ、おかげでこの時期としてはありえない位、ゆったりとした一人散歩を楽しめた♪


帰宅した際に、玄関まで駆け出てきた娘の顔が何と可愛く見えたことか!!(w)
その夜は、息子の夜泣きさえも、「今だけの大切な時間だなぁ」と思えた。 心の余裕って大切だよなぁ。

こういうリフレッシュの機会を与えてもらえる自分は、恵まれているのかな? ダンナ、一応一通りの家事は出来るひとだしな。
でも、子育て中で切羽詰まっている人こそ、ぜひとも自分の自由時間を得てリフレッシュする必要があると思います(まる) 
GW後半戦、多少強引にでも自分時間を獲得なされますよう、全国の母サマ達にエールを込めて。
JUGEMテーマ:日記・一般
| 日々の出来事 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

2011年記事納め

放置甚だしいこのブログ、年末の挨拶だけそそくさとしにやって来るというのもアレですが、一応ケジメとしてw

明日からダンナ実家に行きそのまま年を越すことになります。なので今夜が自宅で過ごす今年最後の夜。
夜食の習慣はないのですが、今夜はトクベツ。子供等を寝かし付けた後のスイーツタイムを楽しんでおります。
夜更けに甘い物とコーヒーってどうなの?と思わなくもないですが、普段お酒も我慢していることだし(授乳期の為)たまにこんなのもアリって事で。

お酒と言えば、一人目母乳育児の時は「卒乳したら真っ先に黒龍大吟醸飲むんだ!それからワインを浴びるほど!!」などと思い巡らせてばかりおりましたが、二人目母乳育児中の今は「卒乳したら真っ先に養命酒を飲み始めよう・・・(ヨボヨボ)」となっております。このテイタラク!!いや、経る年月には勝てませぬ。
と、これは余談。


で、今夜のお楽しみはコレ↓

yonaka-cafe

友人からクリスマスプレゼントとして贈られたスコーンとガレット♪
スコーンは、カフェ好きの人ならその名を聞いた事があるであろう『NASU SHOZO CAFE』のものv 食感はしっとり系だけど甘さはスッキリ、それでいて余韻の残る、クセになる一品ですv
そしてガレットは、私が昔から大好きな那須トラピストガレットv も〜〜本当大好きv 丁度無性に食べたくて堪らなくなっていたトコロに、まさかのジャストタイミングでのプレゼントv
MYドーターも大好きなこのガレットは、キープしておかないと私が食べる分がなくなるのだw

とある方から入手した絶品ハチミツが手元にあるので(ふふっ)、それを添えていただきま〜すv
琥珀色にキラキラ光るそれは、華やかな花の香りを放つ宝石のようv
色とトロ味から想像出来る通りにとても濃厚でありながら、それを口中で堪能させた後には潔くスッと消えていくキレのよい甘味vあぁ幸せv

スコーン&ガレットそしてハチミツ・・・とくれば供する飲み物は紅茶が相応しいところですが、ここではあえてコーヒーを。
このコーヒーもクリスマスのプレゼントとして貰ったもの。ダンナからw
深煎りのブルーマウンテンです。
苦味と深みの強いコーヒーが好きな私は、まず自分で買う事はないブルマン。(高いしw)
しかし、本来高い香りとスッキリとした飲み口が特徴のブルマンも、深煎りにすると苦味が出るようで・・・。これはこれでナカナカの味でした。
一言で“苦味”と言っても、よくあるフレンチタイプのコーヒーの舌の奥の方にこっくり伸し掛かるような苦味ではなく、鼻にスッと抜けていくような、不思議な苦味です。しっかり苦いのにボディは軽いとでも言いましょうか・・・。ふむ、面白いコーヒーを貰いました。
あと二種類もらっているので、そちらもゆるゆる楽しもうと思いマス。自分でチョイスするのではなく、人に選んで貰うのも、新鮮でいいね。


と、ふくふくとした香りに包まれて、貴重な一人時間を楽しみつつ・・・、今年も一年ありがとうございました。
皆様に暖かな新年が訪れますように!!

JUGEMテーマ:日記・一般
| 日々の出来事 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

主婦の領分 侵食さる!!

里帰り中の私に、ダンナから贈り物が届きました。
妊婦用のマッサージオイルです。妊娠線予防用かな。
それが、『WELEDA(ヴェレダ)』のマッサージオイルっつーから、たまげました。
ドラックストア等で売られているものならともかく、WELEDAって!!
私は元々WELEDAのスキンケア商品が好きで、時々買ってはいたのですが、ダンナがそれをちゃんとチェックしていたとは、びっくりです。 わざわざネットで買ったらしいです。
「結構いい値段するんやなぁ〜」と言われて、ちょっとヒヤヒヤしたけれど(笑)

付き合い当初は、「ワシは、誕生日だの何だのを祝う習慣、持たんけぇのぉ」と豪語し、プレゼントなぞ期待するなと宣言していたダンナ。
一方の私は、誕生日は元より、正月だのクリスマスだの、果ては七草粥や菖蒲風呂などの細々とした季節の行事まで、しっかり楽しむのが好きな性質でありまして。常日頃から、ダンナの意向を無視して、勝手に用意し、盛り上げておりました。
そんな私の性質に徐々に影響を受けたのか、結婚後暫くすると、いつの間にかダンナも季節の行事を楽しみにするようになっていき、誕生日プレゼントやらホワイトデーのお菓子なども、しっかり贈ってくれるようになりました。
・・・ダンナって、改造出来るんだ(ホロリ)

それにしても、WELEDAにいきつくとは、想像もせなんだ(笑)
ポイントは、「ダンナを改造しよう」と意識はせず、共感やお返しなどを期待せずに、自分主体でいた事でしょうかね。押し付けられると嫌になるもんね。


それはまぁ喜ばしい事なのですが、私が里帰りで家を離れている間、家中を取り仕切るダンナが色々と改革に着手しているらしい気配があり、主婦としての立場に危機を感じております。

例えば、新しい食器やカトラリーを購入していたり。
リビング用の時計を、新しく買っていたり。
挙句、アンティークもののケーキサーバーを買っちゃってたり!!
(ケーキサーバーって、アナタ、それ何時使うつもり?!しかもアンティークて?)
そう、そうか、私の趣味で揃えたリビング・ダイニング用品に、異論があったりしたんだな、今まで・・・。そうか。

はたまた庭でハーブの栽培を始めたとの連絡もきました・・・。
ハーブって何だよ?!!
これまた結婚当初、「ワシは、ハーブみたいな青くさいもん、よう喰わんけぇのぉ!!」と断言していたというのに!!
(それに対し私は、「あーハイハイ」とテキトーな返事をし、気にせずハーブ料理を作っておりました。ダンナの分はハーブ控え目にしてはいたけれど)
それがどうでしょう。自分で栽培したハーブを使って、チキンのハーブ焼きなどというオサレ料理を作り、その写メを「どうよ」とばかりに送信してくるようになるとは、予想外過ぎて二の句が告げられませんでした。

そういえば義母さんが、「小さい頃、4人兄弟の中であのコだけは台所仕事に興味があって、いつも私の横でやる事を見ていた。そしてよく手伝わせてと言っていたもんだ」と、そう言っていたなぁ。
元々炊事洗濯はそれなりにこなせる人だとは思っていたけれど、最近のソレは、私の領分を侵されそうな、そんなイキオイで、軽くブルーです。
「羨ましい」と思われる人もいるかと思いますが、ダンナが家事に興味ありすぎると、口うるさい姑が居るような状態になるよ(苦笑) ダンナの家事は、ツマにブツブツ文句をつけられる程度のレベルが丁度いい。
改造が進みすぎました・・・(苦笑)

JUGEMテーマ:家庭日記・一般
 
| 日々の出来事 | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

人の心は様々

離れた場所に居ながらも、東北・関東の状況を伝えるニュースに敏感になりつつ過ごす日々を送っております。

ここ九州では、被災者支援の募金活動はしきりに行われているものの、日常生活に於いては「遠い世界で起きている事」という感覚しかない人も、“居る”というのが現実なんだなぁと感じます。

勿論、被災者受け入れなどの活動を積極的に行ったり、遠く東北地方までボランティア活動に飛んで行かれた方も、沢山おられると思います。
が、ドーターを遊ばせに行った公園で出会ったママさんに、「余震ごときでいつまでも大げさよねぇ」とか「へぇ〜停電とかあったんですかぁ」なんて言われる事も、なきにしもあらず(苦笑)
別にそれを咎めるつもりはありません。
そのママさんだって、日々の暮らしの中で様々な苦労や悩みを抱えていて、その自身が抱える問題の比重の方が、遠く離れた地で起きている大規模な事件よりも大きいのかもしれない。精神世界に於ける質量の大小は、その人の心の中だけにあるものであって、他人がどうこう言えるものではない。
その現実を、(善悪は別として)受け入れる寛容さも、今の日本には必要なのではないかなぁ、などとツラツラ考えております。(そして自分もそうあろうと、努めております)

「過度な自粛は日本経済を萎縮させる。日常の生活が出来る地域では、それを続けるべき」という意見には大賛成だし、その一方「まだまだ辛い生活をしている人達が居るのを横目に、花見などのバカ騒ぎをするのはけしからん」という意見にも、その意見が指す事例によっては賛同出来ます。
なんというか、世の中は、様々な立場で生活している人が居て、その人それぞれに正義は違うというのが、今回の事で改めて浮き彫りになったなぁと感じています。

船橋市での「福島県からきた児童いじめ」なんて、聞いただけで胸がムカムカしてくる事例は、当然論外です。
が、あまりにもマットウな“正義”の押し売りもまた、今起きている現実を解決する妨げになるんじゃないかなぁと、感じることもしばしば。

・・・何か、具体的に事例や事象を示さない、曖昧な文章でスイマセン。
あまり突っ込んで書くと、不愉快になったり傷ついたりする人も居るかもしれないから。

ともかく。
私は今、関東を離れ、九州という被災地からは離れた場所で、ほのほのと桜に見惚れつつマタニティライフを送らせてもらっておりますが、そんな自分を卑下し過ぎもせず、かと言って東北・関東で起こっている現状を忘れもせず、日々過ごしていきたいと思っております。

桜前線は、どんどん北上していますよね。
バカ騒ぎの花見祭りはともかくとして、花に見惚れる心を抑える必要は全くないと思います。
ただ、この美しい桜を見て、
心穏やかになる人も居れば、
桜どころではない人も居る。
ほころぶ花の姿に元気を貰ったと感じる人も居れば、
散り様が悲しいと感じる人も居る。

そして、
  深草の野辺の桜し こころあらば 
    今年ばかりは墨染めに咲け
とばかりの、痛切な思いを抱えている人だっている。

そのことは、心のどこかに刻んでおかなくてはと思います。

JUGEMテーマ:育児ニュース日記・一般
 
| 日々の出来事 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

祈り

未曾有の災害から一週間。

ここ神奈川で、昼下がりの窓辺から眺める外の景色は、全てが夢だったんじゃないかと思い込みたくなるような、いままで通りの景色です。

しかし、こまめに流れる停電予定を知らせる為の地域放送や、ひっきりなしに低空飛行していく自衛隊の航空機が、そんな夢想から現実に引き戻します。

今この時、想像するのも難しいくらい大変な思いをしている方々が、大勢いらっしゃる事。
悲しみにくれている方、不安にさいなまれている方、そしてその中でも前を向こうと歯をくいしばっている方。
どうかどうか、一日も早く、光が見えてきますように!!

私の稚拙な文章では、いま抱えているこの気持ちを正しく伝えるのは難しいので、多くは語りませんが(何だか薄っぺらい言葉になってしまう・・・)、私も、自分のこの立ち位置で、出来得る限りの事をしながら、一日一日送っていこうと思います。


相変わらず、スーパーには物がありません。
炭水化物や水は勿論、牛乳や卵のようなものまで、入手困難になってきました。
ガソリンも一時間待ちとかがザラなので、おいそれと車も出せません。
妹が住む西東京某所では、そこまでの事態にはなっていないそうで、地域によっても違いがあるように感じます。

火曜日に、米が尽きてしまいました。
我が家は、朝夕は必ず米飯な米好き家族なので、消費が早いです。ダンナは昼も弁当で米飯です。なので米が尽きたのは軽くパニックだったのですが(苦笑) そうは言っても、家の中には、小麦粉・パスタ・お好み焼きの素などなど、炭水化物のストックはある訳で、一週間そこらならしのげるだろうと、買い出しには行きませんでした。
そんな中、ありがたい事にダンナの実家から救援物資が!!お米頂きました〜〜。一度は「米なしでも生きていけるし〜」と思いはしたものの、実際に送ってもらった米を見ると、天空から光が舞い降りてきたかような心地になりました。
被災地では、尚更でしょうね。この有難さをかみしめながら、いただきます。

輪番停電については、もちろん喜んで協力します、が。
正直、生活のリズムが一定でないのは、疲れますね〜。
昨日は、夜6時から10時まで停電だからと思い、早めに夕食を終え備えたりしたのですが、結局停電にはならず。回避出来れば勿論それが一番いいので(それによって救われた人も少なからず居るハズなので)文句はありませんが、なんだか達成感の無い疲れが押し寄せてきて、ちょっと堪えます。
これが毎日一定ならば、まだリズムを作りやすいのでしょうが、停電予定時間が日々変わっていくのは、地味にダメージ受けます。2歳児あやしながらだと、余計にね(苦笑)
しかし、これは首都圏・東北の多くの方々で共有している苦労。皆で乗り越えましょうね!!




ここから先は、非常に個人的な事なので、綴るのが心苦しいのですが、まぁ個人のブログなので記しておきます。

在宅仕事GETに向けて、昨年4月くらいから色々と勉強に励んで参りました。その経緯は、このブログを読んで下さっていた方はご存じかと思いますので、詳細は省略します。
地震直前、いよいよ最後の実地トレーニングに入っており、これを修めればめでたくお仕事を開始出来る予定でした。
が、このお仕事、業務本部が仙台にあり、その本部が今回の地震で業務不可能な状態になってしまったそうなです。
本社は東京にあるものの、そちらでは、実際の業務に関する事は行っていないらしく、当分の間新人トレーニングを行う事が出来なくなってしまったそう・・・。再開のメドもたたない状態らしいです。
ここまで何とか頑張ってきましたが、私もそろそろ産み月に近付いた為、今回はここで諦めるしかなさそうです。産んだ後でも、なんとか空いた時間に小遣い稼ぎが出来ればいいなと思っていたのですが、残念です。
しかし、こんな事は、今回の地震により引き起こされた数々の困難に比べれば、些細なことですよね!!
今はお腹の中のベィビィを無事に産むことに専念し、またチャンスを作って再チャレンジしますよ!!
未だインフラも整わぬ中で、業務再開に向け、必死で頑張って下さっているスタッフの皆様へ、祈る事しか出来ませんが、感謝の念とエールをお送り致します。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 日々の出来事 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

んで、ナンボになるん?

突然ですが、皆様は買い物をする際の『値切り交渉』、お得意でしょうか?

福岡生まれ博多気質の両親を持ち、長じてからは関東圏で生活してきた私は、正直苦手です。

一方ダンナは、値切り交渉を楽しんでいるらしい。
ダンナは関西人・・・ではないものの西よりの気質です。そのせいか『値切り』を気恥ずかしいとは、これっぽっちも感じていない様子。
ある意味頼りになるのですが、値切り交渉の場面に慣れぬ私には少々居心地の悪い時もあり・・・。


先日、車を買いました(えへへ)
で、ディーラーを相手に当然のように値切り交渉を繰り広げるダンナ。額が大きい買い物だけに、交渉額も十万単位。横で聞いているワタクシは内心ハラハラ。
最終的に、ディーラーの方に「わたくし五年間営業をしておりますが、過去最高額の勉強をさせて頂きました」と言わしめる展開に。
更に、最終確認の電話の際に、最後のダメ押しとばかりに、4万5千円相当のオプション品を無料にしてもらうというオマケ付き。見栄ん坊博多っ子の血を引くワタクシは、臍の辺りがムズムズするような心地悪い思いをしたものですが、ダンナは「電話一本で4万幾らも儲かるんじゃけ、みやしいのぉ(“簡単だ”の方言)」と快活に笑っておりました。

・・・一応自分のダンナの事なので弁解しておきますが、“お客様は神様じゃろ?”と居丈高に出た訳でも、恫喝的な態度を取った訳でも、グダグダと理屈をこねた訳でもありません。
他愛無い世間話をしつつ、その流れで車メーカーT社さんの最近の景気動向の話題なぞも振り、タイミングをみて「ん、で、ナンボになるん〜?」と切り出すという、比較的穏やかな(?)手口です。しかし、「そこ何で関西弁になるの?」と内心突っ込みを入れたくもあり(笑)
西の方の方言って、値切り交渉には適してるよね、何となく。


ダンナの値切りも大概だとは思いますが、しかしディーラーだって品物売りつけるプロです。あちらにとってメリットの無い取引をするハズはなく、しこたま値引きしたとしてもまだ旨味が残っているからこそ、商談成立した訳ですよね、うん。
ダンナ曰く、「値切り交渉というのは、買う側も売る側も双方が“良い取引をした”と思える程度にするのがええんじゃ」との事。客が「すんごい安くしてもらえた、ラッキー♪」とホクホク顔で帰るその後ろで、売り手の方も「まぁこれだけの利が出ればいいか」と納得出来る、そのギリギリを探り出すのが楽しいのだそうです。ケチなばかりで値切り交渉している訳ではなく、その交渉自体が面白いからやっているのだとか。ちょっと羨ましい性格だなぁ。
・・・・・今回の車の件では、その“ギリギリライン”を少々突破したのではないかと思うのですが(苦笑)


しかし、“値切り交渉は苦手”な私でも、フリマなど『値切り交渉も楽しみの一つです』とされる場でのコミュニケーションとしての商談は、積極的に参加します。
少し前の話ですが、かなり大規模に開催された陶器市へ行きました。
500Mほどの大通りを貫くように陶器売りのテントが並ぶそのお祭りは、冷やかしだけのつもりで行ってもついつい欲しいものが目について買い込んでしまう、圧巻の品揃えでした。
「値切り交渉も楽しんでください」というコンセプトの元開催されているので、私のようなウブちゃんでも、それなりに強気で交渉出来ました。楽しかった。

その時に特別目を引かれた、一枚の大皿がありまして・・・・。
以前から一枚大皿が欲しいと思っていたのですが、「コレ」と心にジャストフィットする品に巡り会えず、長らく保留となっておりました。そんなワタクシの心に食い込んで来た一枚。美しいターコイズブルーに唐草模様が浮き出ている、やや中華な印象ながらも和洋さまざまに使えそうな大皿でした。
店頭のお値段5千円也。ご・・・ごせんえん。
何枚も買うものではないし、ここ一番のトッテオキとして持っていてもいいかなぁ、しかしやっぱりちょっと高い、と、必死の思いでお値段交渉しましたよ。私的に精一杯のやり取りの末、何とか4千円に値引いてもらいました。やったよ!!わたし!!
まぁ、元々値切られる前提で値段付けてあったのだろうから、それでも売る側からしたら「あの価格で買ってくれたよ、しめしめ」と思える着地点であった可能性も大ですが、それでも私の方も「千円も得した!!やった!!」と思える取引となった訳ですから、これがダンナの言う「良い値切り交渉」というヤツなんだろうなと。
千円安く買えたというお得感があるおかげで、その大皿は、仰々しく飾ってあるだけの品ではなく、普段の食卓にもサッと出せる一枚になりましたし。そうねまぁ気分の問題(笑)


この不景気の中で二人の子供を育てねばならない事を考えても、値切り交渉は上手いにこしたことはないですね。
出来るなら、みみっちさをあまり感じさせない、さっぱり明るい値切り術を身につけたいモンです。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 日々の出来事 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ありのままは見せられない

引っ越ししてから1か月半程経つも、家の中の細々した所が未整理のまま放置されております。
一部屋は物置と化しているのですが、もしもこのまま段ボールに入ったまま1年以上放置されるものがあったとしたら、それはもう必要のないものなのだと判じて、処分した方がいいでしょうね。そう、今行っているのは、放置ではなく判別なのだ!!(どんな理屈だ)

放置段ボール以外にも、カーテン留めのフックを取り付けていなかったり、AV機器の配線が床にモロ出しになっていたりと、「スッキリ片付けたい」と気に掛かりつつも、とりあえず使用に支障が無い為に放置していた点が多々ありました。
しかし先日、それらの見苦しい点が一気に片付く出来事が!!
お客さんをお招きしたのです、我が家に。

それは、ダンナの会社の同僚家族、3家族を招いてのホームパーティでした。
総勢大人8名幼児3名の大所帯。

お招き・・・ってか、こっちから声を掛けた訳では全然ナイのに、何故かうちに集まる話になっていたという・・・。
お客さんを呼ぶのは、嫌いではないのですが・・・っというか、テーブルのセッティングを考えたりお茶を用意したりお花を飾ってみたりと、ちょっとよそ行き顔の我が家を作る作業は、実は好きな方なのですが、3家族も招くのは初めてで、かなりアワアワでした。
この3家族、個々にお招きした事は過去にあるのですが、まとめて来られるとは思わなかった。まぁ・・・訪れ易い、そして訪れて楽しいと思ってくれているのなら、嬉しいですけれどね。

しかし自分の友達ならともかくとして、一応ダンナの仕事関係の顔ぶれだしねぇ。
当然リビングも、いつも以上によそ行き顔になる訳でして(笑)、床に伸びたままだったケーブルや、丸見えの雑貨類が、一気呵成に隠蔽されたのでした。

ダンナも、こういう段取りになった事に対する責任を感じていたらしく、率先して掃除&片付けにいそしんでくれました(笑) 結構マメなオトコなので、細かい部分まで気が付いてやってくれた。よしよし。
思わぬ妙薬のおかげで、心地よく整頓された家になりました。但し、リビング・キッチン&トイレ・水回り限定だけれどね(苦笑)

ホームパーティも楽しかった。見知らぬ土地でホンノリ寂しい気持ちもありつつ過ごしていましたが、良いスパイスになりました。
コーヒーと紅茶が大好きなワタクシは、それらを他人様にサーブするのも大好きで、張り切って淹れ続けましたよ。
現在妊娠中の為、コーヒー断ちをしている最中なのですが、「お客様の為だから」と買ってきたコーヒー豆がもしも余ってしまったら、残りは自分で飲まないと仕方ないよねーなどと、内心ニヤニヤしておりました。が、結果一粒の豆とて残りはしませんでした。紅茶の茶葉も使い切りました。
まぁ、皆が美味しく飲んでくれたのなら、何より・・・・。

皆が手土産に持ってきてくれた、焼き菓子・フルーツ・ケーキ等が、テーブルの上に所狭しと並ぶという、体重管理中の妊婦にはとっても目に毒な風景も、また楽しく思えました。
噂の『生ドーナツ』とやらも、初めて食べた。美味しかったけれど、あれは『ドーナツ』を名乗る意味あるの?(笑)

年齢の近い子供たちも、山盛りのお菓子をついばみながら大はしゃぎ。
新しい土地での公園で少々人見知りをしているMYドーターも、心ゆくまで大暴れしており、そんな姿を見るに嬉しいバカ親でした。


はぁ、それにつけても、早くお酒アリのパーティをしたいものよなぁ。
コーヒーと紅茶がお供の午後お茶パーティも楽しいんだけど、やはり大人のリラックスタイムも恋しいもんです。産んだ後も、授乳が終了するまでは呑めない訳で、まだまだ先が長いのですが、ご褒美は我慢の果てにある方が嬉しいモンだろう。心の糧に頑張ろう。
・・・あ、勿論その時は、自宅以外でね(笑)


JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 日々の出来事 | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アウェイの地での戦い

お久しぶりです。

相変わらず、やりたい事・やらねばならぬ事に追われつつ過ごしておりますが、そんな日々を綴っても面白くないので、ここは一つ最近体験した新境地の話でも。


約4か月ぶりくらいに(!)美容院に行きました。
や、美容院へ赴いた事=新境地ではありませんよ?(笑) かなり間があいたけど。

元来の私は、お気に入りの美容院を決め通いつめたい性なのですが、なにせ引っ越ししたばかりの今、新たな美容院を開拓するしかありません。
「雰囲気が良く落ち着ける上、美容師さんとの会話が楽しく、お値段も納得」という理想の美容院は、何軒か渡り歩いてみねば巡り会えないでしょう。

とりあえず地元の情報ペーパーに目を通し、割引サービスを受けられる店をチェック。その中で、開放的でオサレっぽい店構えの一店に目を留めました。カット&カラーリングのセット、通常9800円が半額になるというのだから、これは一度試してみよう、と早速予約の電話を入れました。

ドーターを旦那に任せ、「久しぶりに羽を伸ばせるわー」と心軽く赴いたそこは、想像以上にオサレな店構えの美容院でした。前回の妊娠時から新調していないマタニティ服で訪れた私は、やや気後れを感じつつ店内へ。
そこは・・・。
イケメンバラダイスでした。

いや、単に美容師さん全員が男性だったというだけの話ですが。若くてオサレなお兄ちゃん10人ほどもが待ち構えているその店内は、最近オサレな場所に行きつけていないワタクシをびびらせるには十分でございました。
駅前という好立地もあり、人気店らしいその美容院。いや、駅前だからというだけでは無いな、これ絶対に「スタッフ全員若いオサレ兄ちゃん」ってのを売りにしてるよね。

ともかく気を取り直して、誘導された鏡の前に座るワタクシ。
隣の席で可愛い女の子が、「最近、出会いとかあるの〜?」とか「卒業式はどんな髪型にするの?」などと、美容師さんと華やかな会話を交わすのを聞きながら、「これから出産・育児をせねばならぬ為、なるべく長持ちするカットで御願いします」と、色気も何もないオーダーを致しました。

カットに入る前に料金説明を聞いたのですが、そこでまたびっくり。
カット&カラーリング9800円は確かに半額になるのですが、そこにはシャンプー代とスタイリスト代は含まれていないというのです。シャンプー代は別というパターンは確かに時々見かけるけれど、スタイリスト代というのは一体なんぞや? (指名料とはまた別)
聞けば、美容師の経験値に合わせて発生するらしいそれは、無料でやってもらえるのは一番下っ端のペーペーにカットしてもらった場合のみ。それなりの経験を持つスタイリストさんにカットしてもらうには、1500円ほど掛かるというのである。
トップ・オブ・ザ・スタイリストに施術してもらうには3500円程の追加料金が必要だとか。そこに指名料が加わったら、一体いくらになるのだ?!

しかも!ワタクシの髪の長さだと「ロング料金」がプラスされるというのだから、またびっくり。私の髪の長さって、肩下20cm無いくらいだと思うんだけど・・・。
何だかんだ追加していくと、結局1万円近くなるというその料金に、「騙された感」を感じつつ、既に鏡の前でケープをかけられた状態のそこから、「いや、やっぱ別の店行きますわ〜」と言う度胸は流石に無かったワタクシです。一応、施術前に説明してくれてるから、ぼったくりと言うのも微妙・・・つまりは私の負け負けってことですわね。事前にWEBサイトをもっとよく見ておくべきだった!!

こうなったら若いオニイチャンとの触れ合いを楽しませてもらおうと、オバサン的思考の元開き直るワタクシ。
しかし、そこでまた衝撃の出来事が!!
オサレなオニイチャンが発する日本語を、時々理解出来なくなるワタクシなのである!!
例えば、カラー剤を付けてもらっている最中。
オニイチャンがこう言うのです。「ケッコーしみます」と。ちなみにイントネーションは語尾下がり。
私は脳みそを一生懸命動かします。「?”けっこーしみます”?」
色素が髪の中に順調に浸透していますよって意味?それとも、カラー剤が自分の手に沁みて痛いって意味??
それが「カラー剤が目や頭に沁みて痛かったりしないですか?」の意だと気付くまで数秒。「あ、いえ特に」と、やや間を置き間の抜けた返答をするワタクシなのでありました。
せめて語尾を上げて疑問形の形にしてくれよ。わかんねーわよオバサンは!!
と、万事こんな風に会話が交わされていくのでありました・・・はぁ・・・。

店内には、2人3人の若いオニイチャンに囲まれテンション高い熟女の方もいらっしゃったりして、決して若い女の子だけの需要を満たしているお店では無いようなのですが、私は・・・ダメだ。次は他の美容院にチャレンジしてみます。割引適用されなかったら、今回のオーダーで1万5千円くらいは掛かっていた訳だしねぇ。たかがカットとカラーでさぁ。
雑誌やTVで紹介される人気美容院というのは、大体こういうシステムなのでしょうか。何だかとっても遠い世界に感じますが、とにかくその一端を覗かせてもらえて、いい経験したと思いませう。

美容院って、基本的にウキウキする場所だと思うんだけど、背伸びせずにくつろげる美容院に巡り会うまでは、こんなアウェイでの戦いが続くのだろうか・・・。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 日々の出来事 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

あけましておめでとうございます

すんごくキラキラしてロマンチックな雰囲気の中でデートしている夢をみたけど、デートのお相手はダンナだった。目が覚めた時のガッカリ感が半端ない。私ったら、どうせ夢なんだから何かもっとこう・・・ガックシ。
そんな初夢でした。

皆様あけましておめでとうございます。
昨年末に引き続き、何かとテンパっている毎日を送っております。まだ暫く更新遅めが続くと思いますが、よろしければお付き合い下さいマセ。

お正月は、ようやく安定期に入ったばかりの妊婦である事&引越ししたばかりという事で、里帰りはせず、親子3人のみでまったりと過ごしました。
例年はダンナ実家で過ごすのですが、義母の作る美味かつ豪華な御節料理が密かに楽しみだったワタクシ。今年は食べられなくて残念。
義母は御節料理ほとんど手作りするのです。既製品は・・・使わないなぁ。
どれも美味しいのですが、中でも黒まめ煮が絶品で、これだけで腹膨れる程食べてみたいと思わせる程。

そこで、里帰りをしない今年は、義母に電話でレクチャーしてもらいつつ、ワタクシ黒まめ煮に挑戦してみました!!!
・・・が、見事に撃沈。正直食べるのが苦痛な仕上がり!!!
そもそも義母のレシピは、通常の黒まめ煮のレシピとはかなり異なっているのです。長年の経験から産まれた特殊レシピやね。恐らく言葉だけでは伝わらない微妙な匙加減があるのかと。

まぁ、黒まめはそんなんでしたが、ワタクシ得意の栗キントンや田作り、海老の煮つけなど、十品目くらいを手作りしてみました。結構頑張ったなワタシ!!(笑)
実母の得意料理である筑前煮も作ってみました。筑前煮は今では全国的に有名になっていますが、そのレシピは多様のようです。しかしジャスト筑前産まれである母が幼いころから食べていた筑前煮こそが、元祖の味でありましょう。そのレシピをこれまた電話で聞きつつ、作ってみました。
結果は・・・。
ダンナ曰く「お義母さんが作った方が、全然おいしい」
・・・そりゃそうか・・・。
ま、まぁいいよ。
ともかく親子3人ひっそりとしたお正月でしたが、気分だけは盛り上げてみました。

こういう季節行事に力入れるの、好きなんだよねぇワタシ。


さて。
新天地にての生活も、もう3週間ほどになりますか。そろそろ腹も据わってきました(笑)
以前住んでいた場所の方が良かった面、今度の方が良い面、色々とありますが、なるべく良い面に目を向けて、早く馴染んでいきたいと思っています。

子供を遊ばせる公園が近所に全然無いのかと思っていましたが、散策してみると、結構ちょこちょこキレイ目の公園があって、嬉しい限りです。
地図上では見逃していた児童館や図書館も見付けて、ちょっとラッキーな気分になっています。図書館まで徒歩3分だよ!!小さめの図書館だけれど、曲り形にも市立図書館なので市内の他所図書館の本もパソで検索して取り寄せられるようになっているでしょう(だよね?) これからは本を借りるのに困らない・・・カモ♪


近隣は小学生位の子供が多く、公園でもMYドーターよりも大きめの子達が遊んでいる事が多くて、ドーターのお友達を探すのには、まだ苦労しています。でもまぁ、そのうち仲良しさんが見つかるでしょう。

以前住んでいたトコロは、本当に公園での人間関係に恵まれていて幸せでした。素敵なママさん達が多くて、楽しく遊ばせてもらっていましたよ。
公園ママさん同士の付き合いのトラブルをネットやら何やらで見て恐々としていたワタクシですが、その恐れとは裏腹に、ドーターと共に通った2年半ほど、一度も嫌な経験をした事が無かったといっても過言ではありませんでした。
あまりにも接近し過ぎる事はなく、程よい距離を保ちつつも、心地よく優しくしてくれる方ばかりで、本当に幸せでした。
引越しの際にも、数人の方に温かい言葉と餞別の品なぞを頂いてしまい、瞳を涙でウルウルさせつつお別れしました。
今度の土地でも、そんな出会いがあればいいなぁと思ってはいますが、やはりあんなにフンワリとした人間関係で居られる公園は珍しいのかもしれないなぁと、不安にも思っています・・・。
まぁ・・・ガンバリマス。


それでは皆様、本年も何卒宜しく御願い致します!!

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 日々の出来事 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

年の瀬のゴアイサツ

大掃除で忙しい方も、帰省の道すがらの方も、オタクの祭典でヒートアップしている方も、皆様ごきげんうるわしゅう。

ご、ご無沙汰しておりました。
生きてます。

なんつーか、嵐のような日々でございました、この師走。

せめて今年の締めくくりにと、出てまいりました。簡単にですが生存報告致します。


まず引っ越し。無事完了しております。

結局、荷造り荷解き共に丸々おまかせのパックを利用したのですが、それでも引っ越し前後はバタバタしました。
前の家にかなり大きな納屋があった為、多くの要らない品々を溜め込んでおり、そいつをドバーッと処分するという作業に、まず梃子摺りました。いや、終の住みかで無い限り、収納場所は広すぎない方がいい。これからは分を守って生活致します。

引越し先は以前と同じく戸建て賃貸。隣や下階への配慮をせずに走り回って育ったドーターの為に、出来ればマンション等は避けたいと思っていた所、丁度いい具合の物件が見つかりました。
今度は庭もやや広い(前と比べればだけれどね)
日当たりも良好だし、ご近所さんも気持ちのよい方ばかりだし、満足しています。
家の南東方向に畑が広がっており、空が広く見えるのが嬉しい。星空を眺めるのが好きなワタクシですが、夜間の周囲の明かりも控え目で星が良く見えるのがまた嬉しいです。

ゴミの分別方法&出し方の緩さに衝撃を受ける!!
そんなモンまで一般ゴミにして、いいんでっかぁぁぁぁ?!!
以前住んでいた市が、かなり厳しい方だったのもアリ、なんでもかんでも一般ゴミに放り込める現在のゴミ捨て事情に、快感半分後ろめたさ半分という感じです。
指定の有料ゴミ袋すら無いし!!



次に妊婦生活。
分娩先の病院も無事決まり、順調に過ごしております。

一人目妊娠の時は、自転車には乗らないとか重いものは持たないとか、塩気の多いものを摂取しないとか、かなりストイックに頑張ってしまいましたが、上のコが居るとナカナカそういう訳にはいきませんね。塩分控え目はともかくとしてね。
ドーターと共にちょいと近所に出かける時には、やっぱり自転車に乗ってしまうし、ドーターが「抱っこ抱っこ」とダダをこねれば、状況によってはどうしても抱っこせざるを得ない。
それに引越し前後は、正直、結構な負担を身体にかけてしまいました。
しかし、お腹のコも結構タフなモンです。逞しく育ってくれています。
動物学的に考えて、妊婦というものは上のコと同じ程度の荷重と、そのコを育てるに必要な労働には耐えうるように出来ているのではなかろうか。但し、古くより子供を産むのに適齢と言われてきた年代ならばの話ですが。高齢妊婦は、やっぱり用心するに越したことありませんね。



そして、お仕事&ドーターの保育園探し。
・・・難航しております・・・。
保育園は、金さえ出せば何とかという感じです・・・。認可保育園の申請を出してはいるけれど、こちらの地区も激戦なのであった。
お仕事の方も、開始するまでに修めなければならない勉強項目があるのですが、遅々として進んでおりません。ヤバイ!!
・・・年明けからは心を入れ替えてガンバリマス。
しかし、ドーターの預け先に光明が見えてこないと、気持ちが乗らないんだよなぁ・・・。



オタ心を刺激される事も少なく過ぎてしまった、ここ何ヶ月か。
ワンピ感想を待っていて下さる方には申し訳ありませんが、そちらの方に気を移せる余裕が出来るまで、もう暫く見守ってくださいマセ。
あ、魚人島は楽しそうで、ワタクシも期待していますけれどね!!



それでは駆け足気味ながら、近況報告まで。


皆様良いお年を。
そして来年も宜しく御願い致します。









JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 日々の出来事 | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
こちらもヨロシク
masumiaoiをフォローしましょう
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM